ズバリ「名器」の特徴とは?男に聞いた名器女性エピソード&見分け方

  • 名器の反対|粗器とは?

    男性に極上の快感を与える「名器」がある一方で、快感を生み出しにくい女性器も存在します。一般的にこれを「粗器」といい、女性にとってはちょっと残酷な評価です。

    パートナーとの幸せなセックスのために、できることなら粗器は回避したいですよね。粗器の特徴を知り、より良い快感のための改善策まで把握しておきましょう。

    締まりが悪い


    粗器という言葉から最もイメージされるのは、締りが悪いということです。挿入時に期待したほど圧力が掛からないため、セックスをしている実感さえも失わせてしまうおそれがあります。

    ただし、締りが悪いことにはいくつかの原因が考えられます。筋力不足や使いすぎによる緩み、痩せすぎなどです。規則正しい食事と適度なトレーニングによって改善していくことができるでしょう。

    膣内の動きやヒダが少ない


    膣内のうねりや男性器への接着が少ない女性器は、男性器への刺激が少なく、その分挿入時の快感は薄くなります。男性にとっては女性の膣に挿入しているという実感が得られず、セックスにおける興奮度が高まりづらいでしょう。

    ヒダの数に関しては生まれ持ったものなのでどうにもなりませんが、うねりに関しては筋力でカバーできる可能性があります。積極的に下腹部を動かすことで膣内に動きが出るよう意識してみましょう。

    奥行きが短い


    膣の奥行きが短い女性器は、男性器を根元まで受け入れられない場合が多く、男性に充分な快感を与えることができません。男性にとっては物足りなさを感じやすく、女性にとっても痛みを伴いやすい形状です。

    この場合には体の相性が非常に重要になってきますが、他のテクニックを磨くことでカバーするという方法もあります。

    トレーニングによって改善することも


    男性に快感を与えにくいと言われる粗器ですが、努力次第で改善することは可能です。下半身の脂肪と筋肉を増やしましょう。筋力トレーニングをする場合には、どの筋肉を鍛えているのかきちんと意識することが大切です。

    また、イメージトレーニングや自慰によって感度を上げることも重要です。快感を覚え興奮度を高めることによって、女性器がセックスのために成熟していくでしょう。