好きな人との会話を盛り上げたい方必見!おすすめ話題ネタ集を紹介

  • 好きな人との会話で注意すべき点とは?

    好きな人との会話は盛り上げたいですよね?しかし、いくら会話を盛り上げたいからと言って、何をしても良いというわけではありません。

    ここでは好きな人と会話をする上で、避けておきたいNGポイントについてお伝えしていきます。

    プライベートな話を無理に聞かない


    好きな人と会話をするときは、相手との距離感を大切にする必要があります。二人の関係がかなり深いものでない限り、プライベートかつデリケートな話題には慎重になりましょう。

    好きな人のことをたくさん知りたい、という気持ちは理解できます。しかし、無遠慮にデリケートな部分を聞きだそうとすると、かえって悪印象を持たれかねませんので気を付けてください。

    相手が嫌がる話題は避ける


    嫌な話題というのは誰にでもあるものです。好きな人がコンプレックスや劣等感を感じている話題については、避けるようにしましょう。

    また劣等感を持っていなくても、周囲に知られたくなさそうなことも無遠慮に話題にしないようにしましょう。好きな人が嫌そうな顔をしたら、すぐに別の話題に切り替えてください。

    相手のペースに合わせる


    会話のペースは人によって違います。「たくさん一気に話したい」という人もいれば、「ゆっくり考えながら話したい」という人もいます。

    好きな人との会話を楽しみたいときは、相手と会話のペースを合わせることが大切です。ペースを無視して相手を疲れさせては、印象を悪くしてしまうかもしれません。

    つまらなそうな顔をしない


    会話を盛り上げたいときは、たとえ話がつまらなくても冷たい顔をしないことが大切です。もしも好きな人が話をしているときに、あなたがつまらなそうな顔をしてたら「話すのをやめよう」と思ってしまうでしょう。

    会話を盛り上げたいなら、つまらない話のときにもある程度「ちゃんと聞いていますよ」というサインを出してください。「興味のない話には反応しない」ということがないようにしましょう。
  • 会話からわかる!好きな人からの「脈アリ」サイン

    好きな人と会話をしていると、あなたにどの程度好意があるのかがわかるときがあります。時には、あなたに対して好意を持っている「脈アリ」サインが出ていることもあるので、見逃さないようにしたいところです。

    ここでは、好きな人が会話中に出す「脈アリ」サインについて、いくつかご紹介していきます。

    恋愛や結婚についての話題を出す


    好きな人とあなたが話をしているときに、恋愛や結婚についての話題が頻繁に出てくる場合は「脈アリ」のサインだと考えても良いかもしれません。「どんな結婚がしたいか」「好きなタイプの人は?」という質問が出たら、ほぼ好意があると思って良いでしょう。

    逆に、恋愛や結婚についての話を避けられる場合は、脈ナシの可能性が高いでしょう。無理に恋愛系の話題を続けると、悪印象を与えてしまうのでやめておきましょう。

    会話するときの距離が近い


    他の人と会話するときよりも距離が近いと感じたら、「脈アリ」のサインと考えて良いでしょう。男性は好意のある女性に物理的にも近づこうとする傾向があります。

    距離が近いほかにも、目をじっと見てくる、顔が少し赤いなどのサインがあったら、「脈アリ」の確率はさらにアップします。そんなサインが見られたら、ランチやディナーに誘ってみると良いかもしれません。

    行きたい場所の話が多い


    「〇〇ランドって興味ある?」「山登り行きたいよね」など、行きたい場所やイベントの話題が多い場合は、好きな人はあなたを遠まわしに誘っている可能性があります。

    他の人には同じような会話をしていないなら、ほぼあなたに好意があると見て良いでしょう。「私も行きたいです」「一緒に行きますか?」と返してみると、スムーズに二人の関係が進展していくのではないでしょうか。

    好きなものをよく聞かれる


    好きな人があなたの好みを聞いてくる場合も、「脈アリ」のサインだと思って良いかもしれません。ただし、他の人にも同じように聞いている場合は、あまり期待しない方が良いでしょう。

    そうではなく、あなただけに「どんなご飯が好き?」「かわいい小物が好きなんだね」といった話を振ってくるときは、好きな人はあなたに近づきたいと思っている状態です。

    共通の趣味を探そうとする


    男性が女性の好みを把握するときには、映画や音楽の話題を持ちかけるのが一般的です。「どんな映画が好きなの?」「音楽は何を聴いているの?」といった話題が出たら、「脈アリ」の可能性があります。

    「僕と一緒だね」「あ、それ俺も好きだよ」という同調姿勢が見られたら、好意を持たれている確率はかなり高めです。共通の話題を広げていけば、デートの約束も取り付けられるかもしれませんよ。

    休みの過ごし方を聞かれる


    休日の行動はプライベートな情報ですし、興味のない相手に聞く話題ではありません。「休みの日は何をしているの?」という話題は一般的ではありますが、自分の情報を出しながら聞いてくる場合は「脈アリ」のサインかもしれません。

    「〇〇さんて休みの日はのんびりしてそうだよね」や「アウトドアの方が好きそうだね」といった話題をどんどん出してくる場合は、積極的にアプローチされている可能性も。脈アリのサインを見逃さずに話題を広げていきましょう。