相性のいい人の特徴とは?恋愛で相性のいい相手の見分け方はこれ!

  • 必見!「相性のいい人」の見分け方

    相性のいい人とは具体的にどのような相手なのかはある程度分かってきました。ですが、その人と出会ったときどうやって判断するのかが一番大切ですよね。

    ここからは、相性のいい人を見分ける方法をご紹介していきます。

    外見で見分ける


    人の第一印象は、見た目でほぼ決まります。相性のいい人かどうかを見た目で判断する基準は、その人のファッションや身にまとっている雰囲気が自分と似ているかどうかです。

    ファッションセンスが近い人は相性のいい人だと説明しましたが、ファッションだけではなく、髪型やアクセサリーの使い方、身なりへのお金のかけ方、または雰囲気だけを見ても、自分と似ているかどうかを見分けることができるでしょう。

    「あの服どこで買ったのかな?」「今日の髪型いいな」などと見た目に興味を持てる相手は、相性のいい人である可能性が高いです。

    行動で見分ける


    約束してもいないのに、よくばったり出会う人っていますよね?そんな人は、あなたと行動パターンが似ていて、共通点が多い可能性が高いです。異性の場合「あれ、もしかして運命?」と感じることもあるでしょう。

    さらに、自分がピンチの時はなぜかいつも近くにいてくれる人や、悩んでいるときに親身になってアドバイスをくれた人などは、今後長く付き合っていける人であることは間違いありません。相性のいい人は、自然と自分の周りに寄ってくるものなのです。

    好きな物で見分ける


    初対面の相手と打ち解けようとするときに、「好きな物はなんですか?」「趣味はありますか?」と尋ねることが一般的でしょう。これは会話を進めるためでもありますが、内心では自分と合うかどうかを確かめようとしているのです。

    相手の好きなものと自分の好きなものが一致した場合はもちろんのこと、相手の好きなものに興味を持った場合も、相性のいい人である可能性が高いです。

    感覚で見分ける


    この人とはここが合う、ここが合わないと難しく考えずに、単純に自分が一緒にいたいかどうか、居心地がいいかどうかという感覚で見分ける方法もあります。細かいことは考えずに、とりあえず相手のことを知ってみたいという気持ちがあれば十分です。

    一緒にいるうちに、相性のいい人なのか相性が悪い人なのかはおのずと見えてくるでしょう。
  • 「相性のいい人」を見つける方法とは?《異性編》

    相性のいい人がどんな人なのか、どうやって見分けたらいいのかが分かれば、あとは実践です。実際に相性のいい人を見つける方法をご紹介します。

    自分を良く知る友人に紹介してもらう


    相性のいい人を見つける方法として1番おすすめなのが、親友や自分の性格をよく知っている人から紹介してもらうことです。気心の知れた人が紹介してくれる相手なら、きっとあなたと共通する部分や合いそうな部分があるということでしょう。

    「自分では手を出さなかったけど、友達に勧められて試してみたらハマった」という経験は、恋愛以外にもたくさんあるのではないでしょうか。自分では思いもよらないような相手を紹介されて、相性の良さに驚くこともあるかもしれません。

    趣味の教室やサークルで出会いを探す


    婚活パーティや合コンに抵抗を感じる人も多いかもしれませんが、最近では習い事やサークル、オフ会などで男女の出会いを期待している人も多いようです。お料理教室を兼ねた婚活や、スポーツイベントをからめた婚活などを主催している会社も少なくありません。

    そもそも、趣味やサークルで出会う時点で、最低でもひとつは共通点があるということです。共通の話題があれば、初対面の相手ともすぐに打ち解けられるでしょう。

    なるべく多くの異性に出会う


    本当に相性のいい人を見つけたいのであれば、とにかくたくさんの異性を知ることが大切です。選択肢が多ければ多いほど、そのぶん理想の相手が見つかる確率も上がるということです。さらに、多くの異性と関わりを持つことで、自分が異性に求めるものが見えてくる場合もあります。

    ただし、「数打ちゃ当たる」とも限りませんので、最低限自分が求めるポイントをいくつか決めておくといいでしょう。

    何度もデートを重ねてみる


    相性のいい人かどうかをしっかり判断するには時間が必要です。初対面で相性がいいと感じても、実は違ったというパターンも少なくありません。

    1度や2度のデートで「やっぱり相性が合わないな」と簡単に判断せず、相手のいろいろな面を見てみるように努力してみましょう。何度もデートを重ねることで新たな一面が見えてくるかもしれません。

    自分と違うものを持っているか


    共通点が多い人ほど相性のいい人である可能性が高いのは事実ですが、異性の場合、自分と違う部分もいくつかあった方が上手くいく可能性が高いです。

    好きなものや趣味が一緒で、性格も合うのが理想的ではありますが、正直新鮮みが足りません。男女が付き合う上で「こんな一面もあったんだ」「こんな世界があったんだ」という意外性や驚きはマイナスではないのです。

    人は自分と同じものに惹かれると同時に、自分と違うものにも惹かれます。矛盾していますが、新しい発見があった方が人生楽しいと思いませんか?