相性のいい人の特徴とは?恋愛で相性のいい相手の見分け方はこれ!

  • 「相性のいい人」の特徴《異性編2》

    相性のいい人の特徴はまだまだあります。ここからは、あなたが異性に対して抱いている感情や感覚に注目して判断してみてください。

    ありのままの自分でいられる


    好きな人の理想の相手でありたい、嫌われたくないと思って、少し背伸びをして関係を築いていくのは悪いことではありません。ですが、がんばり過ぎてしまい、自分を偽ってまで交際を続けていると、いつか限界がきてしまうかもしれません。

    自分の意見を包み隠さず伝えることができて、ダメな部分もさらけだして無理をせずに付き合える人が、相性のいい人だと言えるでしょう。

    相手の匂いが好き


    異性の匂いをかいだ時、好きな匂いと苦手な匂いがありませんか?異性の匂いに関する研究はさまざまな分野で行われていて、好きな匂いの異性とは相性がいいと言われています。

    スイスの研究では、自分と遠い遺伝子を持つ相手を匂いでかぎ分けているという結果が出ており、遺伝子が遠ければ遠いほどいい子孫を残せるというデータもあるそうです。

    「いい匂いだなあ」「落ち着くなあ」と感じる人は、遺伝子レベルで相性のいい人だと言えるのかもしれません。

    相手の意見に共感できる


    物事に対する意見は人それぞれで、どんなに相性がいい人とでも意見が分かれることは多々あります。ですが、本当に相性がいい人の意見には共感できるポイントが必ずあるはずです。

    「あなたの言いたいことも分かるけど、私はこう思うよ」と相手の意見も受け入れつつ反論できるのは、相手のことを信頼できている証拠ではないでしょうか。全く意見が合わない人には、考えを改めてもらおうとすら思わないでしょう。

    相手の言いたいことが分かる、相手の気持ちも分かる、そのように共感できるなら、相性のいい人なのだと言えるでしょう。

    触っていて心地がいい


    好きな人の手や体に触れたとき、心地いいと感じる相手は相性がいい人です。逆に、全く興味のない人や自分と合わないと感じている人の肌に触れたいと思う人はいないでしょう。

    人は触れ合うことで、相手の体温を感じ取って気持ちを確かめ合うことができます。不安な時や怖い時、嬉しい時などに自然と手を触れ合うことってありますよね?触っていて心地がいいというのは、相手のことを信頼していて頼っている証拠でもあるので、相性のいい人だと言えます。

    育った家庭環境が似ている


    人の性格というのは、その人の育った家庭環境やこれまでの人間関係などに左右されます。特に育った環境や幼少期からの習慣は、大人になっても意外と強く残っているものです。

    ごく普通の家庭で普通に育ってきた人もいれば、貧しい生活で苦労してきた人や、反対に何不自由なく裕福な家庭で育った人もいるでしょう。家庭環境が似ている人同士は、物事の考え方や価値観が似ている場合が多いです。

    さらに、長男長女や末っ子などの兄弟構成によっても、相性がいい人と悪い人が分かれてくるでしょう。この場合は「長男と末っ子」というように正反対の方がしっくりくるパターンが多いです。
  • 「相性のいい人」の特徴《同性編》

    相性のいい人かどうかは、異性か同性かでも変わってくると冒頭でお伝えしましたが、ここからは同性の相性がいい人の特徴をご紹介していきます。一生の友達を見つけるためのヒントにしてみてください。

    一緒にいて楽しい


    話をしたり一緒にいて楽しいと思えることは、友達として付き合っていくうえで最低条件とも言えるでしょう。何か嬉しいことがあったときや、悲しいとき、暇なときなどに「今何してるかな?話したいな」とパッと頭に浮かぶ相手は、一緒にいて楽しいと感じている相手ではないでしょうか?

    一緒にいて心から楽しめる相手というのは、どこにでもいるようで、実はかけがえのない存在です。せっかく見つけた相性のいい人を手放さないようにしましょう。

    ファッションセンスが近い


    同性と友達関係を築くうえで、ファッションセンスはさほど重要ではありません。ですが、相性がいい人かどうかを判断するポイントとしては大切です。さらに、自分が相性がいい人だと感じている相手とは、長い時間一緒にいるため服装が自然と似てくる可能性も高いでしょう。

    ファッションセンスが近いことで、好きなブランドやトレンドなどの話を楽しむことができますし、一緒に買い物に行っても楽しめます。

    喜怒哀楽ポイントが同じ


    何に喜んで、何に怒り、何に悲しむかなど、喜怒哀楽が同じ人は相性のいい人だと言えるでしょう。特に若い女性同士の場合は、自分の気持ちをさらけ出して共感を得ることで絆が深まっていくケースが多いです。

    自分が真剣に話しているのに、全く共感されずにスルーされてしまっては嫌な気分になるでしょう。喜怒哀楽のポイントが同じ人は「確かに!」と共感してくれて、そこから話が盛り上がっていきます。そんな相手と一緒にいて居心地がいいと感じるのは当然です。

    共通点が多い


    出会って間もないのに「この人とは話が合いそうだな」と感じる相手は、自分と似た部分が多い人です。出身地や家庭環境、仕事や趣味など共通点が多い人とは、自然に話が盛り上がります。そのような人は、相性のいい人だと言えるでしょう。

    同じことに興味を持っていて、同じ感情を抱いている相手と話すと気持ちがいいですよね。だからこそSNS上では、会ったこともない同じ趣味を持つ人同士の友情が芽生えることが多いのです。

    一緒にいる時間が長い


    同性だけではなく異性にも言えることですが、一緒にいる時間が長いと、もともと相性がよくなかった相手とでも、自然と共感し合って信頼関係や絆が生まれてくる場合があります。

    学校のクラスメイトや職場の同僚などは特にそうでしょう。性格は全く違うのに、なぜか一緒にいて居心地がいい人っていますよね?そんな人は、一緒にいる時間が長いことで、価値観や目標が似てきている可能性が高いです。

    感性が似ている


    何かに対して「綺麗だな」「可愛いな」と感じ方が似ている人は、相性のいい人だと言えます。たとえば、同じ映画を見て似たような感想を抱けるかどうかで判断できるでしょう。「この映画を観て泣いた」と話したとき、「え、どのシーンで!?」と言われるより「分かる!」と共感してくれた方が嬉しいですよね。

    感動するポイントや注目する部分などが似ている相手とは、一緒に楽しめるだけでなく、お互いの好きなものを共有しあえるため、自分の世界が広がっていくでしょう。