好きな人ともっと話したい!話すための方法や会話の続け方とは?

  • 好きな人ともっと話したい時の会話の続け方!

    好きな人と話したいと思う人の多くは、できれば長い時間話したいと思っているはずです。長く話せれば確実に距離は縮まるため、恋愛成就の確率も高くなります。

    そこで、好きな人ともっと話したいと思う人のために、会話の続け方を解説しましょう。好きな人と話したいだけではなく、もっと長く話したい、仲良くなりたいという人はぜひ参考にしてください。

    「はい」や「いいえ」で答えられない質問をする


    会話はキャッチボールによく例えられますが、好きな人と話す際には「はい」「いいえ」だけで答えられるような質問ではなく、具体的な答えが返ってくるような会話を意識してみましょう。

    好きな人と話したい気持ちが少しでも満たされると、そこで安堵してしまう人も珍しくありません。しかし、好きな人と話したい気持ちが満たされたからといって、距離が縮まるとは限らないのです。

    大切なのは楽しい会話が続くように工夫することです。話したい気持ちが一時的に満たされたからといって、安堵しないように気をつけましょう。

    質問されたら相手にも聞き返す


    好きな人から質問されたら、それに答えるだけでは会話は続きません。質問をされたら答え、さらに自分からも質問をするという流れを作っていくことが大切です。

    会話をしていて最もやってはいけないのが、どちらかが一方的に質問をし続けるという行為です。ある程度親密な関係で、聞き手、話し手で分かれているならば問題はありません。しかし、好きな人と話したいと思っている段階では、どちらかに負担をかける方法は避けたほうが無難だと言えます。

    そんな状況を避けるためには、相手の質問に答えたら質問を聞き返すという流れにすることです。そうすることでテンポの良い会話となりますので、意識してみましょう。

    相槌と共感を意識する


    相槌と共感を意識すると、会話がより盛り上がることに繋がります。好きな人と長く話したいと思うならば、会話を盛り上げる必要があります。会話が盛り上がらなければ、相手に良い印象を与えることはまずできません。もっと話したいと思うならば、相手にも話したいと思ってもらえるよう工夫しましょう。

    そのためには、相槌と共感を上手く使うといいでしょう。適度に相槌をうつと、相手が話しやすい流れを作りやすくなります。共感が多ければ、自分達の相性の良さを示すことできます。相手に「話しやすい」「相性が合う」と思ってもらえれば、「話していて心地良い相手」という印象を与えられるようになるのです。

    好きな人を適度に褒める


    好きな人を適度に褒めるという方法は、あなたの好感度を上げるのにとても有効な方法ですので、積極的に使っていきましょう。

    おそらく好きな人と話したいと思う人の多くは、好きな人の魅力的な点をいくつも知っているはずです。相手を褒めることを意識していけば、自然と会話の流れが掴みやすくなるでしょう。

    ただし注意点もあります。会話をしている中でひたすら褒め続けてしまうと、気まずい雰囲気を生む可能性があります。最悪の場合「リアクションに困る人」と思われてしまう恐れもあるため、褒めすぎには注意をしましょう。

    好きな人の目をじっと見つめる


    会話している相手から目を見つめられると、ほとんどの人は相手を意識するようになります。そんな心理を利用して、好きな人と話す際は、相手の目をじっと見つめることを意識してみましょう。

    特に好きな人と話す際に、あまり緊張しない人にはとっておきのテクニックとなります。自信を持って目を見つめることで、相手はあなたに対して魅力を感じるようになるでしょう。

    話題をいくつか用意しておく


    誰かと会話するためには、それなりに話題が必要です。好きな人と話したいならば、いくつか話題を準備しておくようにしましょう。

    話題でおすすめなのが、共通の趣味や好きな人の興味があるモノです。好きな人との会話では自分から話すことも大切ですが、相手が話しやすい流れを作ることも、会話が続くコツとなります。

    ただし、一度の会話で用意した話題全てを出し切ろうと思ってはいけません。会話は自然にすることが大切です。もっと話したい!という気持ちが溢れてしまうと、逆に相手に引かれてしまう恐れもありますので、ほどほどを意識しておきましょう。