好きかわからない…本当の気持ちを知るための「判断ポイント」とは

  • 好きかわからないと感じた時の対処法

    好きかわからないと感じることは、決して珍しいことではありません。しかし、恋愛をしている中であれば、そんな不安からは逃れたいと思うのも当然です。

    中途半端な気持ちを整理するためには何が必要なのか、自分の中からきちんと答えを見つけ出しましょう。別れが必要な場合もあれば、客観的な視点が必要な場合もあります。また、感謝の気持ちを思い出すことも大切です。

    彼が他の女性と付き合っても後悔しないか考える


    好きかわからないと悩んだときには、「彼が他の女性と付き合っても後悔しないか」を考えてみましょう。手の届くところにいるせいで、相手の価値が分からなくなっている可能性を疑ってみてください。

    今まで彼があなたにしてきてくれたことが他の女性に向けられるとしたら、どのような感情を抱きますか。嫉妬や悲しみを覚えるのであれば、あなたの中に恋愛感情はあります。彼氏は当たり前の存在ではなく、あなたにとって大切な存在であることを再確認しましょう。

    別れる前に一度距離をとる


    気持ちがわからなくて今後の関係に不安が残る場合には、別れる前に一度距離を取りましょう。それぞれの時間を設けることで、自分の気持ちを改めて見直してみてください。

    お互いに干渉されず問題点を分析することで、今後の道を慎重に選ぶことができます。悪い部分があったとしても、それを乗り越えていける可能性があるなら、より良い関係に発展させていくことができるでしょう。

    反対に、冷静に分析して見た結果、別れたほうが良いと気付く可能性もあります。

    友達や家族に相談する


    自分の気持ちがわからないと感じたときには、友達や家族に相談することも大切です。当事者の立場からだけでなく、第三者からの客観的な意見も取り入れましょう。

    一人で悶々と考えていると、思考も感情も閉鎖的になってしまいます。第三者からの客観的な意見がすべて正しいわけではありませんが、少なくとも冷静に状況を見てもらえるでしょう。

    客観的な意見に自分の気持ちを重ね合わせることで、答えが見えてくるかもしれません。

    これまでの思い出を振り返る


    悪いことにばかりに気を取られて自分の気持ちがわからない場合には、ふたりの思い出を振り返ってみましょう。好きかわからない状態だと、悪いことばかりが脳内を占めてしまう場合が多いです。

    しかし、好き合って交際を始めた以上、幸せな思い出が必ずあるはずです。日常の些細な場面でも、相手との時間を楽しんでいた自分がいるはずです。それを思い出すことができれば、あとは今の苦悩と照らし合わせて考えてみましょう。