好きかわからない…本当の気持ちを知るための「判断ポイント」とは

  • どんな種類がある?「好き」のタイプと特徴

    「好き」という感情は、恋愛以外の場面でも存在します。たとえば友愛や家族愛という言葉があるように、友人や家族に対しても「好き」の感情が芽生えるのです。

    ただし、これらは全て同じ「好き」でありつつも、相手に求めるものや許容範囲など様々な部分に違いがあります。言うまでもなく、友愛や家族愛では恋愛はできません。恋愛としての「好き」なのか、友達としての「好き」なのかを、いろいろな角度から分析する必要があるでしょう。

    恋愛感情の「好き」


    恋愛感情の「好き」の場合、恋人関係に発展したいという願望を含んでいます。「相手を喜ばせたい」「支えたい」といった奉仕の気持ちはもちろん、「いつでもそばにいたい」「相手を独り占めにしたい」といった独占欲なども混ざっています。

    相手にとって特別な存在になりたいと願う感情であり、キスやそれ以上のことをしたいと、心と体で繋がることを望む場合が一般的です。人によっては、相手と一緒にいることで感じる幸福感が全ての原動力になっている場合もあります。

    また、相手が自分のそばに居てくれないと不安や切なさを感じることも、恋愛感情の「好き」に特有の感覚です。

    友達としての「好き」


    友達としての「好き」は、相手への信頼を表す感情です。自分の本性をさらけ出すことができて、緊張も遠慮もせずにいられる関係を居心地の良く感じると、友達としての「好き」が芽生えます。

    恋愛感情の「好き」と同様に、奉仕の気持ちもあります。人によっては多少の独占欲を感じる場合もあるでしょう。恋愛感情との決定的な違いは、胸の高鳴りがあるかどうかや、キスやそれ以上の関係になりたいかどうかです。

    相手を想って胸が切なくなるか、あるいはキス以上の行為をしたいか否かで、両者は区別ができるでしょう。

    憧れとしての「好き」


    憧れとしての「好き」は、「尊敬」「思慕」とも言い表せる感情です。たとえば先輩や上司、広くは芸能人など、自分より優れた人に対して感じる好意や羨望、あるいは目標意識が、憧れとしての「好き」です。

    憧れとしての「好き」に含まれるのは、「この人のようになりたい」という願望です。自分自身の延長線上にあるか、もしくは全く別の世界の存在だと認識しているため、自分と相手が並んで歩くことは意識にありません。

    母性本能の「好き」


    母性本能としての「好き」は、相手を守ってあげたいという感情です。母性本能が強い女性の場合、頼りない人を見るとどうしても世話をしたくなってしまいます。

    「世話をしたい」という気持ちは奉仕の気持ちと似ているので、恋愛と混同されやすいですが、母性本能としての「好き」には、相手とどうなりたいかという欲が欠けています。あくまでも恋愛は2人で築き上げていくものであり、一方的な奉仕では成り立ちません。

    また、母性本能としての「好き」の場合は相手は特定の誰かである必要はなく、この人でなければダメと感じていない場合も多いです。