友達が幸せそう、感覚を忘れそう「セカンドバージンを卒業したいと思った瞬間とは?」217人に聞いた女性の本音

友達が幸せそう、感覚を忘れそう、など「セカンドバージンを卒業したいと思った瞬間」について20~30代女性217人に聞きました。(2015年6月実施)

  • セカンドバージンを卒業したいと思った瞬間を教えてください。

    別に考えた事はありません。改めた感じで新鮮味があって良いのでは?(34歳女性)


    エッチが好きじゃなかったので気にしていませんでしたが、雑誌で30代になると女性はオーガズムを感じやすくなる、と書かれていたのを読んで、卒業してもいいかなと思いました。(34歳女性)


    経験がない。今後経験する時には自分の性欲が消えてそう。(39歳女性)


    いつも。エッチができる環境が常に欲しい。(33歳女性)


    そういうのがないので分からない。もしそうなったら自分の体が女性じゃなくなりそうで不安。(35歳女性)


    単純にそれだけ好きな人が現れたら、したいと思います。(30歳女性)


    女を捨ててると感じた時。うまくいってる人の話を聞いた時(38歳女性)


    女性は男性に求められる期間が短いので、できるうちにHしておきたいと思ったから。(36歳女性)


    継続中だけど、それはそれでいいと思う。困ってない(33歳女性)


    大失恋後、5年くらいそういう期間がありましたが、次の恋愛が始まった時に卒業したいと思いました。(37歳女性)


    今、セカンドバージンだ!エッチは面倒なのでどうでもいい(37歳女性)


    鏡などを見て年取ったなーと感じた時に思う(39歳女性)


    感覚を忘れてしまいそうで、次へ進めない気持ちになるから。(33歳女性)


    女性であることを忘れがちになり、ガサツになる。潤いがほしくなる時(34歳女性)


    なんとなく、どことなく、やっぱり、恥ずかしいから(30歳女性)


    セカンドバージンであったとしても特に何も思いません。(38歳女性)


    女として終わってるのかなぁと寂しくなるから。(35歳女性)


    あそこにクモの巣がはってそうで怖かったので3年目にやった。(37歳女性)


    処女膜が復活してたら怖いから。もう痛い思いはしたくないので(笑)(33歳女性)


    性欲がたまってきて、夢でもそういうのを見るようになった時(36歳女性)


    胸のハリがなくなってきたり、お肌の調子が安定しなくなってきたりして、女性らしさがなくなってきたなと思った時。(28歳女性)


    自分が枯れたように何も感じなくなりつつあった時。(39歳女性)


    肌に潤いがなくなってきた・女性らしさが何となくなくなってきたと感じる時(35歳女性)


    友達が彼氏とのエッチの話をしている時は、セカンドバージンを卒業したいと思った。(39歳女性)


    ちゃんとできるのか心配。どうしていいか分からない(38歳女性)


    性欲がうずく。(36歳女性)


    特に卒業したいと思ったことはないし、また男性と付き合う機会が会ったら良いなと言う程度。(38歳女性)


    温かい人肌を欲してしまった時、卒業したいと思った(39歳女性)


    一人エッチがむなしく感じた時。誰かと一緒に寝たいと思った時(38歳女性)


    周りの人の話の中でいかに自分がセックスをしていないか失陥した時(36歳女性)