「自分語り」をする人の特徴とは?周囲の印象と上手な接し方も紹介

  • 「自分語り」をやめる方法とは?

    自分語りをする人の特徴や心理などを分析してきましたが、自分に当てはまるところはなかったでしょうか。自分語りについて、ほとんどの人が良い印象を持っていません。自分語りをしてしまう人は、自分語りをやめる方法を学んでいきましょう。

    他人の話をしっかり聞く


    他人の話に興味を示さない人に「こちらの話に興味を持て」と言われても、周囲は納得できません。自分の話を聞いてほしいなら、他人の話もしっかり聞くようにしていきましょう。相手の話をしっかり聞いていれば、自分語りを始めても少しは聞いてもらえますし、一方的な悪印象は持たれることはないはずです。

    人が話している時に割り込まない


    自分語りをするタイプの人は、話題を思いついた時にどうしても話したくなるため、相手の話が終わるまで待てません。相手の話をさえぎって割り込んでまで、自分語りを始めてしまう傾向にあるのです。これでは周囲は困惑し、不愉快になってしまいますね。人が話している時は最後まで聞き、相手が話し終わった後に聞いてもらうようにしてください。

    ダラダラと話し続けない


    周囲に何度も同じ話をする人はいませんか。自分語りをする人は、同じような話を延々としてしまう傾向にあります。会う度に同じ自慢話をされても「何回も聞いているんだけど…」と思われかねません。ダラダラと話し続けずに、ある程度話したら、相手の話を聞くようにしていきましょう。

    相手の気持ちを考える


    自分語りをする人の最大の特徴として「相手の気持ちを考えない」もしくは「考えることができない」というものがあります。今、相手がどう思っているのか、これを言うと相手はどう思うのかを考えていないのです。相手の気持ちを考えることができれば、自分語りをしつづけようとは思わなくなるでしょう。

    自分語りをやめたいなら、常に相手のことを思いやる気持ちを持つようにしてください。

    自分語りをしない日を作る


    自分語りは、ついうっかりしてしまう行為です。自分語りを控えると言っても、どのくらい控えたら良いのか分からないという人もいるでしょう。

    それならいっそ「今日は聞き役に回る」と決めてしまうのがおすすめです。その日は一切、自分の話をしないようにしましょう。それを何回か続けたら、人の話を聞く醍醐味も分かってくるはずです。

    自分の話だけでは視野が狭くなります。さまざまな人と触れ合い、色んな話を聞いて視野を広げていきましょう。