「自分語り」をする人の特徴とは?周囲の印象と上手な接し方も紹介

  • 「自分語り」をする人への上手な接し方

    自分語りをする人が面倒な人だからと言って、付き合いを断ち切るわけにいかない場合もあるでしょう。自分語りをする人への上手な接し方をおぼえて、その場を乗り切るようにしてください。

    適度に聞き流す


    自分語りをする人は、自分の話を聞いてほしいだけであって、相手の話には興味がありません。聞き手に回り、適度に聞き流すようにしましょう。例えば自慢話をされても、意見や説教をされても「あー、そうなんですか」「へえー」「なるほどー」と聞くだけ聞いていれば良いのです。

    すべてを受け止めるとストレスになりますから、半分くらい聞く気持ちで楽に付き合えるように工夫してみてください。

    話題を変える


    聞きたくもない話を延々と聞かされるのは、誰でも苦痛です。ある程度話を聞いたら「あ、そう言えば、今度の会議いつでしたっけ?」など、話題を変えるのもひとつの手です。ストレートに「その話もう聞きたくないです」「前にも聞きましたよ」なんて言うと相手のプライドを傷つけてしまいますので、上手く切り抜ける方法を見つけていきましょう。

    相づちだけ打って否定も肯定もしない


    自分の話を否定されると拗ねてしまうのが、自分語りをする人の特徴だと言えます。「それはちょっと違うのでは?」と思っても、相づちだけとりあえず打っておき、否定も肯定もしないようにしましょう。否定すると拗ねられ、かといって肯定すると自分の考えを押し殺すことになってしまいます。

    また、誰かを批判する話を聞かされている時にその話に乗ってしまうと、後でトラブルになりかねません。「そうなんですね」「参考にします」など、無難にやり取りしましょう。

    急な用事を作る


    自分語りをする人と会話をすることそのものが苦痛になってきたら、その場を離れることをおすすめします。「あ、あの仕事まだ残ってた!」「あの件、課長に確認しとかなきゃ!」などと言って、その場を離れてしまいましょう。追ってきてまで自分語りをされることはないのです。

    スマホが鳴るように設定し、あたかも電話がかかってきたふりをして「電話なので失礼します」といって退席する手もあります。「今日は約束があるの。また今度ね」と笑顔で去ってしまえば、相手に悪く思われることはありません。ストレスを溜めない努力をしていきましょう。

    意見や批判はしない


    自己中な人が多いのも、自分語りをする人の特徴です。自分の意見が正しいものだと確信しているため、相手に意見されると逆上してしまいかねません。自分語りをする人がどんなに間違ったことを言っていても、意見や批判はしないようにしましょう。どうせ言っても納得してもらえないことが多いのですから、無理して介入する必要はないのです。