「自分語り」をする人の特徴とは?周囲の印象と上手な接し方も紹介

  • 「自分語り」をする人の特徴《会話編》

    自分語りをする人の性格の特徴が分かってきましたが、自分語りをする人は会話にも特徴があることを知っておきましょう。自分語りをする人の会話の特徴を確認し、自分に当てはまるところはないかチェックしてみてください。

    話し中に自慢をはさむ


    「うちの子、最近これができるようになって」と言われたら「うちの子はすでにできてるよ」と言ってみたり、「工場勤務のパートを探している」と言われたら「私も働きたいんだけど、社長秘書をしていたからパートは興味がないのよね」と返答するという感じで、会話の骨を折ってしまうのも、自分語りをする人の特徴です。

    「自分は周囲とは違うんだ」という無意識ながらのプライドが見え隠れしています。これでは周囲は会話を楽しめません。言わなくても済むことは言わないようにするなど、何らかの対策が必要になってきます。

    聞いてないのに意見や感想を言う


    「このスキンケアを使っている」と聞いたら、すかさず「そこの商品は評判悪いから!」と言ったり、「あのレストランにランチに行った」と聞いたら「あそこはイマイチでしょ」と言ったり、聞かれてもいない意見や感想を言っていませんか。

    だいたいスキンケアには合う合わないがあるし、食の好みも千差万別なのです。まるで「自分の感性が一番正しい」と言わんばかりに意見や説教をされても、付き合いにくいだけです。うざい女だと思われたくないなら、会話の仕方を見直しましょう。

    急に割り込んでくる


    自分語りをする人は、自分に興味のある話しかしたくありません。会話に参加してなかったのに、ある話題になってから突然割り込んできたりする人はいませんか。突然割り込んできたうえに、その話を延々としだすのですから、周囲はとても困惑してしまいます。

    人の話はうわの空なのに、自分の話はちゃんと聞いてほしいという姿勢なのですから、好かれるはずはありませんね。

    相手の話をさえぎる


    自分語りをする人の嫌われるポイントとして、相手が話している途中でも、平気でさえぎって自分の意見を言ってしまうところがあります。「私はあの時こう思って、それで…」と言いかけているのに「いや、こうだよね?」とさえぎり、相手に最後まで話をさせません。

    これでは話している方は不愉快になってしまうでしょう。相手の話は最後まで聞いてから、自分の意見や気持ちを言うようにしてください。