「自分語り」をする人の特徴とは?周囲の印象と上手な接し方も紹介

  • 「自分語り」をする人の特徴《性格編》

    自分語りをする人もいますし、自分語りをしない人もいます。一体何が違うのでしょうか。自分語りをしてしまう人の性格面での特徴を探っていきましょう。

    寂しがり屋


    寂しがり屋で、いつも人に注目されたり構ってもらっていないと不安になってしまうタイプの人は、自分語りをしてしまう傾向にあります。自分を必死でアピールして、相手の意識を自分に向けるようにするのです。寂しさゆえに必死にアピールし、アピールしすぎて周囲が困惑して離れて行ってしまう、という悪循環になりやすいタイプだと言えるでしょう。

    ナルシスト


    自分に酔ってしまうタイプのナルシストにも、自分語りをする人は多いです。ナルシストタイプは「自分に興味を持ってもらいたい」というよりは「自分が好きすぎて、つい語ってしまう」タイプだと言えるでしょう。いかに自分が魅力的な人間なのか、いかに自分は好かれる人間なのかを説いてしまうのです。

    しかし、聞いている方にとってはこの手の話は面白いはずもなく、「うざい」と敬遠されてしまうことも少なくありません。自分を好きになることは良いことですが、何事もほどほどにしておくべきなのでしょうね。

    空気が読めない


    自分語りを始めると、周囲が一切見えなくなる危険性があります。周囲がうざいと思いだしている、面白くなさそうな顔をしている、不愉快だと思っているということにまったく気づきません。その状態のまま語り続けるため、一緒にいてうざい人だと認定されかねません。

    自分語りをするのは悪いことではありませんが、常に周囲の気持ちを読み取る努力が必要だと言えるでしょう。

    アドバイスしているつもりになっている


    よく「相手に良かれと思って言っている」というセリフを聞きますね。自分は良かれと思っていることでも、相手は迷惑に感じることだってあり得るのです。

    自分語りをする人は、相手の気持ちをなかなか汲み取ることができません。自分が正しい、自分は世の中のことを知っていると勘違いしている場合も多く、相手に説教じみたことを言ってしまうのです。

    しかし、いらぬアドバイスは迷惑でしかありません。自分に関係のないこと、自分が経験したことのないことには介入してはいけないと思っておきましょう。

    自分はすごい人間だとうぬぼれている


    「学校で表彰されたことがある」「毎年学級委員でクラスの中心だった」「クラブで全国大会に出場したことがある」など、自分は特別な存在だと思っているところも、自分語りをする人の特徴だと言えるでしょう。そのうぬぼれから抜け出せず、いつまで経っても自慢話を繰り返してしまうのです。

    過去の栄光にすがる人ほど、今の生活は充実していません。過去のことを持ち出し、無理やり自分は幸せな人間だと納得させていると言えるでしょう。しかし、周囲にとっては、うざい以外の何物でもないことの方が多いのです。

    人への感謝の気持ちがない


    会話をする時、相手に感謝しているでしょうか。自分語りをする人は基本的に自分のことだけを考えているため、相手に感謝することはありません。相手は貴重な時間を使ってあなたと会話を楽しもうとしているのです。それなのに、感謝もせずに自分の話を一方的に聞かせるのは良いことだとは言えませんね。

    相手が自分との会話を楽しもうとしていることに感謝していれば、相手の話を真剣に聞くことができるようになるでしょう。