「自分語り」をする人の特徴とは?周囲の印象と上手な接し方も紹介

あなたの周囲に「自分語り」をする人はいますか。また、あなたは自分語りをしてしまっていませんか。自分語りとは何かを今一度おさらいし、自分語りをする人の特徴や心理、自分語りをする人への接し方、自分語りをやめる方法などを探っていきましょう。

  • そもそも「自分語り」とは?

    あなたは人に自分のことを詳しく話すことがあるでしょうか。ほとんどの人は、よっぽど気心が知れた相手でない限り、自分のことを詳しく話すことはないでしょう。しかし中には、積極的に自分のことを話す「自分語り」をしたがる人がいます。自分語りをする人は、いったいどんな心理で自分語りをしているのでしょうか。

    自分語りをする人の特徴や心理などを探っていきましょう。

    「自分語り」とは


    そもそも「自分語り」とは、具体的にどのようなことを言うのでしょうか。自分のことを語ることは誰でもあり、自分の境遇を話すことで親交が深まることもあります。しかし、ここで言う自分語りとは、聞かれてもないのに生い立ちや経歴を説明しだし、武勇伝や苦労話、自慢話をしだすことを指すのです。

    これが話の流れで自然に出た話題であれば良いのですが、自分語りをする人は一方的に自分の話ばかりしてくるという特徴があるので、あまり良い印象を持たれません。

    ネガティブなイメージの言葉


    自分の境遇を話す人そのものを嫌がる人はいません。しかし、相手が迷惑していても興味が無くても、自分のことを語り続けることを「自分語り」と言うため、このような特徴を持つタイプの人はネガティブなイメージしかないのです。

    特にインターネットの世界では、自分のことを主張することが多いのですが、主張が強すぎると自己顕示欲が強い人だと判断されかねません。「自分語り」はインターネットのスラングでもあり、皮肉や蔑称の意味を込めて使われることがあるのです。この言葉にはあまり良い意味が含まれていないことをしっかり理解しておきたいですね。