失恋で痩せた…痩せてしまうほど辛い失恋、その乗り越え方とは?

痩せてしまうほど辛い失恋…あなたにはそんな経験がありますか?きっとなかには現在進行形で辛い思いをされている人もいらっしゃいますよね。この記事では、そんな辛い失恋にスポットを当てました。この記事を通して、あなたの辛い心に少しでも寄り添えたらと思います。

  • 失恋して〇㎏痩せた…辛い失恋から抜け出すには?

    大好きな人との別れや、大好きな人に恋人がいたと知ったときなどは本当に辛いですよね。そんな失恋がきっかけで痩せてしまったという人は多いようです。時間がすべてを解決してくれるとは言うけれど、失恋した直後は「本当に時間が経てばこの苦しい気持ちから解放されるの?」なんて思ったりもするもの。

    今回はそんな辛い気持ちに寄り添って、一緒に気持ちの整理をしていければと思っています。辛い失恋から抜け出すための方法を一緒に見つけていきましょう。

    失恋すると痩せる理由&メカニズムとは?


    そもそも、失恋するとなぜ人は痩せてしまうのでしょうか?失恋をキッカケに体重が急に落ちてしまうと、不安になってしまいますよね。ですがその理由やメカニズムを知ることで、少しは安心感が得られるかもしれません。

    ドーパミンが分泌されにくくなる


    ドーパミンというホルモンをご存じですか?これは脳から分泌されるホルモンで、人が「幸せだな」と感じた時になどに分泌されます。恋人から愛されている時間はとても幸せですよね。そんな幸せな時間にドーパミンは分泌されて、性欲や意欲、食欲などをつかさどる中枢神経を刺激してくれるのです。

    失恋によってこのドーパミンの分泌が少なくなってしまうことで、食欲が低下したり、やる気が無くなってしまったりするのです。

    ストレスによる食欲減退


    ストレスにより食欲が低下することもあります。今まで側にいた恋人が急にいなくなってしまうことは、心身に多大なストレスを与えるのです。ストレスにより過食に走る方もなかにはいますが、食欲不振になってしまう人はこのストレスが自律神経を乱し、食欲不振や吐き気を引き起こす引き金になるのです。

    また、食欲不振から消化不良にも繋がり、お腹を下してしまうという人も。恋人が離れてしまってただでさえ辛いのに、こんな症状まで起きてしまっては泣きっ面に蜂ですよね。