結婚する意味がわからない?男女の本音と知っておきたい結婚の意義

  • 知っておきたい!男女に共通する結婚の意義《続き》

    男女に共通する「結婚する意味」はまだまだあります。急に結婚を決断した周りのあの人や、結婚しないだろうと思っていたあの人が結婚をしたのは、もしかしたらこんな理由だったかもしれませんよ。

    親の介護問題が出ても安心できる


    「結婚するのは、親の介護要員を増やすため」という、なんとも言えない考えを持っている人もいます。特に晩年になって結婚する気になった人は、自分の親の介護を1人でするのは難しいと感じて婚活を始める場合が多いようです。

    男性は「親の介護をしてくれる女性」を求めて、女性は「介護をしている自分を養ってくれる男性」を求めて婚活をするのですが、そのような理由で結婚相手を探してもなかなか見つからないのもまた事実。

    男性側にとっても女性側にとっても、そのような理由で結婚を迫られる意味がわからないと思う人は多いですし、親のために結婚を決断する人に対して嫌悪感を抱く人も少なくありません。

    独身から抜け出せる


    「結婚する意味」は特になく、どちらかというと「結婚をした」「独身から卒業できた」ということに意味を見出している男女も少なくはありません。これは、特に婚活をしている男女に多い考えだと言えるでしょう。

    最初は「運命の人と結婚をしたい」「温かい家庭を築きたい」という思いから婚活をしていたのに、時間が経つにつれて「とにかく結婚をしたい!」と目的が変わってしまうのです。

    その場合、結婚する意味がどうというよりも、結婚自体がゴールになってしまい、いざ結婚生活を始めると「なんでこの相手を選んだのだろう」と頭を抱えてしまう人も多いようですよ。

    孤独による不安から解放される


    「一生一人で過ごすことになったらどうしよう」「誰からも求められない人生に意味を見出せない」「若い頃はそうでもなかったけれど、30後半になってから急に孤独を感じるようになった」など、独身でいることに不安を感じている人も多いようです。

    結婚すれば少なくとも人生の伴侶ができますし、帰宅しても一人ぼっち…ということはありません。そのため、最近では「子供は作らないが、人生のパートナーとして結婚する」というカップルも増えています。

    晩年を一人で過ごすのはあまりにも寂しい、結婚をせずに事実婚で過ごすのは何かあったときに不安、そんな考えを持っている男女は結婚に踏み切る傾向にあるようです。