結婚する意味がわからない?男女の本音と知っておきたい結婚の意義

  • 男女それぞれの結婚の意味とは?《男性の場合》

    女性が考える「結婚する意味」とは対照的に、男性は現実主義の人が多いため、考えていることも合理的です。男性が結婚を決断するとき、どのようなことを考えているのでしょうか?

    好きな人を独占できる


    独占欲が強い男性は多いものです。「好きな女性を自分のものにしたい」という思いが強い男性にとって、結婚という契約は大変重要です。好きな人を正式な形で自分のものにするために、婚姻届を書き、結婚式をあげて、結婚生活を送るという考えの男性は少なくありません。

    現実的かつ合理的な男性であればあるほど、そのような傾向は強いようです。目に見える形で周囲の人に「この女性は自分のものだ」とアピールしたいという深層心理が隠れているのかもしれませんね。

    周りに結婚をせかされることがなくなる


    「長く付き合っている彼女といつ結婚するの?」「いつになったら結婚するの?」「結婚したくないの?」と、結婚について周りから急かされたり問いただされることにウンザリしている男性も、「面倒だから早く結婚しよう」と思うようです。

    この場合、どちらかというと、意味があるから結婚するというよりは、結婚することで自分に降りかかるストレスを軽減しようとしていると考えられます。実際のところ、「結婚する気はなかったし結婚する意味も見出せないけれど、周りから急かされるからなんとなく結婚した」という人も多いようです。

    家族を作れる


    結婚することで温かい家庭を作りたいと考えている男性も多いです。結婚して子どもを作ることが幸せだと感じる男性にとっては「結婚=家族を作る」ということで、大きな意味があります。

    そのため「女性として愛しているというよりも、家族として愛情を持てそうだから」「女性としては好みじゃないが、母親として優秀だと思ったから」などという理由で、結婚相手を決める男性も少なくはないのだとか。

    結婚することで孤独感がなくなる


    結婚することで孤独感から解放されると考えている男性も多いようです。近年では「若年層の孤独死」などが社会問題になりつつあります。また、年を重ねてから結婚したいと思っても、周りから相手にされず、悶々とした思いだけを抱えて老後に突入する男性の話もよく耳にします。

    結婚しても孤独感を抱き続ける可能性はありますし、結婚することでもっと傷つく可能性もあります。しかし、将来孤独に苛まれながら生活をすることを考えると、少々のリスクを覚悟してでも結婚する意味がある、と思っている男性も少なくないようです。