結婚する意味がわからない?男女の本音と知っておきたい結婚の意義

  • 男女それぞれの結婚の意味とは?《女性の場合》

    結婚する女性が減っているとは言っても、やはり結婚をしたいと思っている女性はたくさんいますし、結婚をして幸せになっている女性もたくさんいます。女性達が考える「結婚する意味」とは、どのようなものなのでしょうか。

    好きな人といられる「確約」


    結婚するということは、好きな人と一緒にいられる「確約」を得られるということです。結婚を決断するほど愛している彼と一生一緒にいられる確約を得られるというのは、女性にとっては嬉しいことですよね。

    もちろん、離婚というシステムがある限り、絶対に一生一緒にいられるというわけではありません。しかし、結婚をすれば契約上すぐに別れるという決断には至らないはずです。その点でいえば、結婚は大変意味のある行為だと言えるでしょう。

    安心して子供を産める


    女性にとって出産と子育ては、人生の大きなターニングポイントとなります。今まではバリバリと働いていた人でも、出産をするためには仕事を一時期でも休まないといけませんし、つわりなどが理由で退職を決断しなければならない可能性もあります。

    そんなとき、結婚をしていて夫がいたら、ふたりで子育てができます。万が一夫が協力的ではなかったとしても、家族のためにお金を稼いできてくれる人の存在は大きいはずです。安心して子どもを産むためにも、子育てを安心して行うためにも、結婚することはとても大切だと言えるでしょう。

    結婚することで将来への不安がなくなる


    結婚する意味というのは子育てや出産だけではありません。子どもが巣立った後の不安もある程度は解消されます。子どもが家を出て行っても、パートナーがいれば「これから先は2人でのんびりと過ごそうね」と笑いあえるかもしれません。

    しかし結婚せずに子どもを産んでいた場合、最終的には自分1人になってしまいます。子どもがいないとしても、老後の経済的な不安や肉体的な衰えへの不安など、伴侶がいないことで際立ってくる問題はたくさんあります。そのような将来への不安が多少なりとも軽減されるという点でも、結婚は大きな意味を成すと言えるでしょう。

    結婚すると優越感にひたれる


    女性にありがちな利点としては「結婚すると優越感にひたれる」というものがあります。とても仲良しな友達同士でも、自分よりも先に結婚した相手のことを疎ましく思う女性は多いでしょう。さらに、いわゆる結婚適齢期になっても結婚ができず、一般的に言う行き遅れてしまった状態になると、劣等感に苛まれてしまう人もいます。

    そのため、プライドの高い女性であればあるほど、結婚することに強いこだわりを持っている傾向にあります。結婚する意味なんて特にありません。結婚することで、周りよりも幸せになることに意味があり、誰もが羨む結婚をしたという事実が大切なのです。

    全ての女性がそうだとは言いませんが、多かれ少なかれそのような感情を持っている人は少なくないようです。