「クリスマス」はいつ?イヴとの違いとは?気になるギモンを一挙解決

毎年やってくるクリスマス!だけど24日と25日の違いってなに?結局いつお祝いしたら良いの?そんなクリスマスの「いつ?」についてお答えします。プレゼントを渡すのはいつ?ツリーを飾るのはいつ?クリスマスの始まりはいつ?素朴なギモンの答えをまとめました。

  • そもそも「クリスマス」とは?

    年間を通したイベントの中でも人気なのが、クリスマスです。イルミネーション溢れる街中でのデートはもちろん、パーティーでおいしい料理を食べたり、プレゼント交換をしたり、大人から子供まで楽しめるイベントですよね!

    けど、「どんな日なのか実は知らない」と言う人も多いのではないでしょうか。そういった人の為に、まずはクリスマスの基本的な知識をご紹介します!

    イエス・キリストの誕生を祝う日


    基本中の基本ではありますが、クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う日です。

    そもそもは「冬至」を祝うお祭りだったようですが、それが時代と共に変化し、イエス・キリストの生誕祭と融合し、クリスマスになりました。

    クリスマスを英語で書くと「Christmas」になりますよね。「Christ」は「キリスト」のこと、「mas(mass)」は「ミサ」と言う意味です。これを知ると一気に「なるほど!」と思えるのではないでしょうか。

    聖誕祭や聖夜とも呼ばれる


    クリスマスは別の呼び方で「聖誕祭」や「聖夜」とも言います。

    聖誕祭は、読んで字のごとく「聖なるイエス・キリストの誕生を祝うお祭り」といった意味です。こうして漢字で書くと、キリスト教徒の大切なお祭りというのが理解しやすいですよね。

    「聖夜」は、24日のクリスマスイヴの事を指します。正確には「24日の夕方から夜」を限定して「聖夜」と言います。これは次に説明する「クリスマスとイヴの違い」で詳しく触れているので、続けてご覧ください。

    「クリスマス」と「クリスマスイヴ」の違い


    クリスマスイヴの「イヴ」とは、英語の「evening(晩)」を短くした言い方です。つまりクリスマスイヴとは、24日の夕方から夜の事を指すのです。なので、24日の朝はまだクリスマスイヴではないという事になります。

    なぜ夜にならないとクリスマスが始まらないのかというと、これはキリスト教と深く関わる「ユダヤの暦」が絡んでいるからです。ユダヤ暦は特殊で、日没を1日の始まりとしていました。だからクリスマスは24日の夕方にならないと始まらず、24日の夜を限定して「イヴ」と呼ぶようにしているのです。

    イヴの理由が分かれば、25日のクリスマスの意味は歴然ですよね。単純に「夜(イヴ)」ではなくなったから、クリスマスと呼びます。