好きな女を「抱きたい」男性心理とは?女性を抱きたくなる瞬間も解説

  • 女性を抱きたいと思う男性について専門家の意見やアドバイス

    抱きたい!と思わせるには「ファンタジー」が必要?


    パートナーと長い間一緒にいると、慣れや飽きがきてしまい、付き合いたての事のような情熱はなくなってしまうものですよね。そうなると男性も「彼女を抱きたい!」と思う瞬間がなくなっていくでしょう。

    そういった時に読んで頂きたい書籍は、『ずっとずっと愛し合いたい』(宋 美玄)です。同書には以下のような内容が書かれていました。

    「人から見ると、彼らは夫婦でありながら、『男と女』なんです。彼女の言葉の端々には旦那さんへの思いが感じられるし、旦那さんの態度からも彼女を女性として見ていることがよくわかります。職業柄、多くの夫婦を見ますが、男女の関係をキープしているレアなカップルだと思っていたのです。

    当然ながら、セックスの関係も、もちろんアリ。 そこである日、彼女に教えを請いました。返ってきたのは、意外にも次の一点のみ。旦那さんの前で自分の裸を見せない。彼女は絶対に彼の前で着替えないし、一緒にお風呂にも入らないと話してくれました。

    たとえば付き合いたての頃、男性は女性の洋服をちょっと脱がせただけで、『オオーッ』となりますが、その心理は、女性にだって理解できるはず。なぜなら、知らないものは見てみたいと思うし、サプライズがありますから。セックスの関係があって、『男と女』でいつづけるためには、こうした、お互いへのちょっとしたファンタジーが必要不可欠であることを教えていただき ました。」

    これはつまり、見えない・分からない部分に対して想像力を働かせることが大切だ、という事ではないでしょうか。自分が興味がある物事に対して行う想像は、とてもワクワクドキドキしますよね。

    普段の生活の中にあるそうした楽しみが、「彼女を抱きたい!」と男性に思わせることができるいうスパイスになるのでしょう。

    バストが大きい=抱きたい女かも


    やはり男性は女性の胸に魅力を感じる事が多いようです。そのため、胸の主張がしっかりしている女性の方が抱きたいと思われる確率が高くなると言えます。

    この件について『性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか』(オギ・オーガス、 サイ・ガダム)では、以下のような説明が書かれていました。

    「僕たちは、アメリカだけでなく、ロシアやインド、ドイツ、日本、サウジアラビアなど、いろいろな国の性的検索ワーズを調べてみたが、もっとも頻度の高いボディパーツは、どの国でも『乳房』だった。性的検索ワーズの興味の対象としても、『乳房』は人気ランキングの4位であり、ヘテロセクシュアル(異性愛)の男性に限れば、人気ランキング1位となる。

    オンラインポルノでは巨乳ものが絶大な人気を誇り、画像、小説、動画、さらには、国によって描き方にもっとも差があるアニメのいずれにおいても、巨乳が頻繁に登場する。」

    男性が女性の胸に魅力を感じるのは、なんと万国共通だと言うのです。国によって書き方が異なるアニメにおいても巨乳が人気だというのは、なんだか面白い気がしますよね。そして女性は、「女を磨く」ためにはバストケアが欠かせないとも言えるでしょう。

    くびれは男性本能を刺激する!


    『ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育』(メンタリスト DaiGo)では、くびれている女性の方が異性の目には魅力的に映ると紹介していました。

    「(前略)例えばウエスト58~60に対して、ヒップが82~84くらい。文化圏や時代を問わず、男性が魅力的と感じる女性の体型はピタリとこの基準に合致する、というのです。(中略)ただし、理想的なWHR(Waist Hip Ratio)の女性が必ずしも痩せて いるというわけではないので注意してください。ウエストが標準準より大きくても、そのぶんお尻も大きければWHR間に収まります。

    WHRは 細身の体型の女性にも、ふくよかな体型の女性にも 当てはまる基準だということです。要するに、くびれがあることが大事、と考えてください。」

    WHRはWaist Hip Ratioの略です。そしてこの対比は、ウエスト:ヒップ = 0.7 〜 0. 8: 1くらいであると、男性が本能的に魅力を感じやすいと言うのです。なぜ魅力的なのかについて、以下に続けましょう。

    「では、なぜWHRが0.7~0.8の女性は魅力的なので しょうか。それは、WHRがこの範囲にある女性は、生物学的にみて妊娠しやすい体型であるからです。ウエストとヒップの比率は、基本的にはエストロゲンという女性ホルモンの濃度によって決まります。

    そして、妊娠に最適なエストロゲン濃度は、理想的 な WHRを生み出すエストロゲン濃度とかなり近いことが分かっています。つまり、男性はくびれのある体型の女性を見ると、 本能的に『妊娠しやすい体型である』と見抜いて性性的な魅力を感じるというわけです。 男性がいわゆるナイス ボディーを好むには、 こうした生物学的背景があります。」

    つまりウエスト:ヒップ = 0.7 〜 0. 8: 1の女性は妊娠しやすいため、男性は本能的に魅力を感じ「抱きたい!」と思うという事なのです。こうした根拠を元に説明されると、男性がナイスバディな女性を好む謎が解けますよね。


    <参考文献>
    『ずっとずっと愛し合いたい』(宋 美玄)
    『性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか』(オギ・オーガス、 サイ・ガダム)
    『ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育』(メンタリスト DaiGo)

Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)