既婚者男性へのメールは要注意!トラブルを避けるポイント教えます

  • 既婚男性とメールをする際の注意点!

    さまざまな場面で既婚男性とメールすることもありますよね。どんな場面にしても、既婚男性とメールする際は、以下のような注意点を良く理解しておきましょう。トラブルに発展しないように、自分の身は自分で守ることが大切です。

    ハートマークは絶対NG


    親しい間柄でも、既婚男性へのメールにはハートマークは絶対に使わないようにしましょう。ハートマークが含まれているだけで、かなりの好意を感じさせます。相手が勘違いしても仕方ない表現方法です。

    語尾が寂しいから、メールの雰囲気を良くしたいからと使う人もいますが、既婚男性にメールを送る場合は、それは余計な気遣いです。相手や相手の奥さんが見たときにトラブルになりそうな表現は避けた方が良いでしょう。

    ハートマーク以外に、恋愛を思わせる絵文字やスタンプも同様です。相手に好意を感じさせるような表現は避けるようにしましょう。

    奥さんに勘違いされるような文章は送らない


    「好きです」「今度会いましょう」「奥さんには内緒で」といった、奥さんに勘違いされるような文章は絶対に送ってはいけません。奥さんが見て「浮気だ!」と判断しそうな文章はトラブルになります。

    自分にその気がなくても、送った内容からそうした気持ちが読み取れてしまえば、文句もいえません。既婚男性の妻の中には、浮気や不倫に対してとても敏感な人もいます。些細な内容でも、浮気と疑うこともあります。

    大切な夫を、どこの誰か分からない女性に取られてしまう恐怖を奥さんに与えてしまうのです。自分が必然的に悪役になってしまうので、勘違いされるような文章は送らないようにしましょう。

    既婚男性の家庭について触れない


    例え気になったとしても、既婚男性の家庭のことには触れないようにしましょう。自分にも聞かれたくないことがあるように、家庭の話というのはとてもデリケートで触れられたくない話題です。

    相手から話題を振ってこない限りは、ずかずかと踏み込むような真似はしないようにしましょう。また相手から家庭の話を振ってきたとしても、あまり深入りしない方が身のためです。

    深い話を聞くことで、相談役に抜擢されてしまう可能性もあります。トラブルを自ら呼び込む恐れもあるので、家庭の話は避けた方が良いでしょう。

    一方的な好意を押し付けない


    メールをするときは、とにかく相手が既婚者だということをよく理解しておきましょう。上司や同僚として慕っていたとしても、一方的な好意を押し付けるのはNGです。相手が既婚者で、あなたの好意を受け取れないことも理解しなければいけません。

    また、相手を信頼しているからといって、何でも相談するのも良くありません。一方的に好意を寄せて相談していると、相手も反応に困ります。会社でも距離を置かれてしまい、疎遠になる恐れもありますよね。

    一方的な好意は相手にとって不愉快になるので、相手が既婚者ということをよく理解したうえで連絡しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)