既婚者男性へのメールは要注意!トラブルを避けるポイント教えます

  • 既婚男性とメールする際のポイントとは?

    既婚者男性とのメールは気をつけることが多いですが、仕事などで頼りたいこともありますよね。上司や部下、同僚、友達として近づきたい場合には、以下のようなポイントを大切にしてみましょう。

    敬語で礼儀正しく返事をする


    相手が砕けた口調で話してきたとしても、自分は敬語で礼儀正しく返事をした方がイメージは良くなります。親しくもないのに、いきなり砕けた口調で話されれば、相手だって良い気はしないでしょう。

    また第一印象は、その後の自分のイメージを作ります。そのため、より良い関係を築いていくためにも、敬語を用いて「礼儀正しい人」というイメージを植え付けた方が得でしょう。仕事でも友達関係でも、礼儀正しい相手は好印象です。

    堅苦しくない程度の敬語を使い分けることで、より相手と親しくなることができるのです。同時に、「下心はない」とアピールすることにも繋がるでしょう。

    距離を縮めたいなら返信しやすい内容で


    既婚者男性と距離を縮めたいのであれば、相手が返信しやすい内容を送りましょう。返信しやすい当たり障りのない内容だと、メールのやりとりが続きやすいです。また、やりとりが続けば思わぬ情報を引き出せるでしょう。

    相手を知りたいからといって、身を乗り出すようにして無遠慮に何でも聞くと引かれてしまいます。相手には自分は既婚者だという自覚がありますから、ますます返信を躊躇するようになるでしょう。返信が全く来なくなる恐れもあります。

    相手と距離を縮めたいのであれば、相手の負担にならない話題をチョイスしましょう。

    深い内容は送らない


    例えば相談のメールだとしても、あまりに深い内容は送らないようにしましょう。恋愛やお金に関すること、また相手の家庭に関することはディープな内容に分類されます。こうした話題は返信しづらいですよね。

    自分は相談しているつもりでも、話題によっては相手が意見しづらい場合もあります。「何でも相談して」といわれていても、深すぎる内容は避けた方が無難でしょう。仕事のやり方や職場環境などに関する話題なら、相談に乗ってもらいやすそうです。

    深い内容かどうか迷ったら、第三者にチェックしてもらうのも良いですね。また第三者に見られたくない内容は、なるべく送らない方が良いでしょう。

    絵文字やスタンプの乱用は控える


    ある程度親しい間柄になっても、絵文字やスタンプの乱用は控えた方が良いでしょう。自分に恋愛としての好意がなくても、送る絵文字やスタンプによっては相手に誤解されかねません。また見た目が軽くなるため、ふざけているイメージを持たれてしまいます。

    特に相手が上司など年上の場合には、不快に思われる可能性が高いです。相手の年齢に合わせた内容が好ましいので、自分の感覚だけでメールを送らないようにしましょう。

    絵文字やスタンプは自分の気持ちを表すことができますが、乱用しすぎると相手をなめているような印象を与えます。差し障りのない程度に使うように気を付けましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)