既婚者男性へのメールは要注意!トラブルを避けるポイント教えます

既婚男性とメールやLINEをするときには注意が必要です。フリーの男性と同じようにやりとりしていると、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。自分の身を守るためにも、既婚男性とメールやLINEをする際の注意点を知っておきましょう。既婚男性と上手にやりとりするためのポイントも必見ですよ。

  • 既婚男性とのメールはアリ?注意すべき点とは

    仕事などのお付き合いで、既婚男性とメールする機会もあるでしょう。しかし既婚男性の場合、対応の仕方を誤ると自分がトラブルに巻き込まれる恐れもあるため、慎重にメールしなければいけません。

    当たり障りのない内容をやりとりする分には、なにも問題ありません。ですが、内容によっては相手との恋愛を匂わせてしまうので、不倫や浮気といったトラブルに発展する恐れがあり、とても危険です。

    今のまま安全に仕事をしたい、またその人と差し当たりのない付き合いを続けていきたいなら、送る内容には十分注意してメールしましょう。例え好きという気持ちがあっても、自分がそのメールを送ることで、どんなリスクが発生するかよく理解しておきましょう。
  • 既婚男性のメールに隠された心理とは?

    既婚男性からメールがくると、つい身構えてしまいますよね。では、既婚男性からのメールには、どのような心理が隠されているのでしょうか?相手の心理を知ることで、こちらに何を求めているかが分かるかもしれません。

    好きだからメールだけでもしたい


    既婚男性があなたに明確な好意を持っているなら、好きだからメールだけでもしたいという心理があります。直接会ったり、話したりするのは人の目があって後ろめたいけれど、メールなら気兼ねなくできる。そんな気持ちが既婚男性にはあるのでしょう。

    本当は直接会ってたくさん話をしたいけど、それができないからメールで連絡してくるのです。自分にも明確な好意があれば、そのままやりとりを続けても良いでしょう。しかし相手は既婚者ですから、内容には十分注意が必要です。

    メールは必ずしも、本人しか見ないわけではありません。相手の奥さんが浮気や不倫を疑い、メールを確認する可能性も否定できませんよ。

    メールだけなら浮気にならないという安心


    不倫や浮気をする人によくある心理ですが、メールだけなら浮気にならないという考えを持っている可能性があります。メールであっても、内容次第では浮気になることを自覚していないのでしょう。

    メールだけならOKだろうという軽い気持ちで送ってきている可能性もあるので、トラブルになりたくないなら、当たり障りのない内容を返すだけに留めた方が良いです。相手に好意がある場合には、リスクも理解したうえで返信しましょう。

    メールであっても、相手の奥さんに見つかったときにどう捉えられるかは分かりません。何気ない会話を浮気と捉えられることもあるので、返信には慎重になりましょう。

    理解してくれる相談相手を求めている


    相手の男性は単に、家庭や仕事の悩みを理解してくれる相談相手を求めているだけとも考えられます。メールの内容が家庭や仕事に関する悩みで埋め尽くされていませんか?

    もしメールのほとんどが相談事で占められているなら、あなたに相談相手になってほしくてメールしているのでしょう。本来、理解は家庭に求めるものですが、現実はそう甘くはありせん。家庭でのいざこざを抱えている人もいます。

    そのため、家庭の外に相談相手を求める男性も多いです。相談のメールが多いなら、単にあなたに話を聞いてもらいたいだけなのでしょう。

    深い関係へと引きずり込もうとしている


    何気ないメールを繰り返していると、特にリスクもないし「いいかな」と思えてきますよね。しかし中には、明確な好意を持って女性に近づき、深い関係へと引きずり込もうとしている男性もいます。

    最初は当たり障りのない内容が続いても、次第に恋愛関係の話題や相談が増えてきたら危険です。徐々に女性が引けないところまで引きずり、最後には不倫や浮気という深い関係に発展させようとしている可能性もあります。

    さらには肉体関係にまで引きずり込もうとしている男性もいるため、トラブルを避けたいなら、相手の送ってくる内容に十分注意しておきましょう。