異性の友達ってどこまでアリ?男女の友情は成立するのか徹底調査!

  • 異性の友達との間の友情をキープする秘訣

    異性の友達と友情を成立させ続けるためには、ある程度の決まりごとや心がけが必要となります。

    最後に、異性の友達との友情を長続きさせる秘訣を解説します。どうすれば男女の友情を続けていけるのか、気になる人は是非参考にしてみてください。

    お互いに彼氏彼女をつくる


    お互いに彼氏彼女を作ることで、程よい距離感を保てるようになります。男女の友情で厄介なのは、距離が近すぎてお互いを意識してしまうこと。一定以上離れていれば、間違いは起きづらくなります。

    また、彼氏彼女がいることで、必要以上に相手に踏み込まないという自制心も生まれます。お互い理解しあえる関係は素晴らしいものですが、必要以上にお互い踏み込んでしまえば、友達以上の関係になってしまう可能性は捨てきれません。

    ただし注意点が1つあります。基本的に男女の友情は珍しく、懐疑的な人も少なくありません。お互いの恋人に誤解されてしまうリスクもあるため、恋人に誤解を与えないよう配慮した上で友達関係を続けることが大切です。

    二人きりでは会わない


    友情の形にもよりますが、長く続けていきたいならば二人きりでは会わないルールを設けるのも良いでしょう。二人きりにならなければ、下心が出ることも、必要以上に相手を意識することもなくなります。

    基本的に複数人で遊ぶことにして、決して間違いがおきないように心がけていきましょう。特にどちらかが恋愛経験や異性との関わりが少ないならば、二人きりで会うのは高いリスクを背負います。

    他にも、二人だけで電話をしないことや、特別なやり取りをしないことなどを心がけることも大切。どこまでOKかを踏まえた上で、とにかく一定の距離を保つことを意識して付き合いましょう。

    異性として見ない


    当たり前のことですが、異性として見ないようにするのは絶対条件だと言えるでしょう。友情はあくまで友情で、恋愛感情が少しでも入ってしまえば、友情ではなくなります。当然、それまで築き上げてきた関係はこわれてしまうでしょう。

    そのため、ある程度自分の中で「異性として見てしまうライン」を決めておくのがおすすめ。これをされたら、これをしたら意識してしまうかもしれないと自分の中で予め考えておきましょう。

    そうすることによって、自分が意識する可能性は低くなっていきます。また、相手に思わせぶりな態度を取らないことも大切です。異性として見ないだけでなく、異性としての自分を見せない努力もしていきましょう。

    異性として少しでも見たら距離を置く


    いつどこで誰を好きになるかなんて、誰にもわかりません。そのため、いくら男女の友情を大切にしたいと思っていても、相手が気になってしまうこともありえます。

    そんな時はそっと距離を置いてみましょう。もし恋心や下心を見せたら、友達関係が終わる可能性が高くなります。それが嫌ならば距離を置き、時間をかけて冷静さを取り戻しましょう。