異性の友達ってどこまでアリ?男女の友情は成立するのか徹底調査!

  • 異性の友達を持つことのデメリットとは?

    メリットが多い男女の友情ですが、デメリットも当然あります。デメリットを理解していないと、男女の友情が崩れてしまうケースも。

    異性と友情を築く上でのデメリットや注意点を把握していれば、いざという時にも対処しやすくなります。どうすれば円滑に異性との友情を築けるのか、どんなデメリットがあるのかは、異性との友情において無視できない問題点でもあるため、ぜひチェックしておきましょう。

    関係がこじれてしまうことも


    最大のデメリットと言っても過言ではないのが、男女の友情はこじれやすいということです。そもそも男女では価値観が異なることが多いため、わかりあえず、衝突してしまうでしょう。お互い友情以上の意識を持ってしまえば、距離感がつかめずにこじれてしまうこともあります。

    一度こじれた男女の友情は、同性の友情以上に修復が難しいもの。特に恋心や下心を持ってしまったら、今後その気持ちを完全になくして付き合っていくのは非常に難しく、簡単に元に戻れるものではありません。

    下心を我慢できない


    男性の意見で特に多いのが、下心を我慢できないというものです。友達だとしても、異性だということを意識してしまうと、それはいつしか下心になります。下心が抑えきれなくなってしまえば、友情が壊れてしまうのも時間の問題となるでしょう。

    このデメリットを抱えやすいタイプというのが、男女問わず、恋愛経験が少ないタイプです。異性と接する機会が少ないと、距離が近くなった相手に刺激を感じ、好意を抱いてしまうのは珍しくありません。

    そんな意識を持ってしまうと、「あわよくば」と考えてしまうようになります。結果的に下心が隠しきれず、友情崩壊の一途を辿ると言えるでしょう。

    彼氏彼女ができにくい


    恋愛に関してのメリットが多い男女の友情ですが、実は彼氏彼女ができにくいというデメリットも抱えています。

    特に異性の友達と普段から一緒にいることが多い場合は、自分達はお互いを異性として見ていなくても、周囲から「あの二人の間に入れる自信がない」と思われることがほとんど。そのため、どちらかが片思いをされても、アプローチされずに諦められてしまうケースも少なくありません。

    さらに、お互いが理解し合っている関係であるため、気になる人が出来ても物足りなさを感じてしまう場合があります。恋人が欲しいと思っても、心のどこかで異性の友人並の理解や相性を求めてしまうのです。結果的に本気になれる恋愛相手に出会えず、悩んでしまうことは珍しくありません。

    周りから勘違いされることも多い


    男女の友情を築いている人のほとんどは、周りから関係を勘違いされたことがあります。異性と友人関係を築くのは珍しいため、一緒にいるだけで噂をされたり、恋人だと勘違いされたりするのです。

    また大半の人は、恋愛にまつわる噂が大好き。そのため、いくら男女の友人関係だと弁解しても、どこかで疑いの目を向けられてしまうのです。常に好奇の目にさらされてしまい、疲弊してしまうケースも少なくありません。

    このデメリットの厄介なところは、自分たちがいくら気をつけていたとしても防ぎきれないという点です。いくら男女の友情を大切にしていても、周りの価値観や好奇心によって振り回されてしまいます。周りの視線にストレスを感じやすい人には、特に厳しい状況になると言えるでしょう。