異性の友達ってどこまでアリ?男女の友情は成立するのか徹底調査!

  • 異性の友達は成立する?《男性の意見》

    異性の友達は成立するのか、女性の意見を見てきました。基本的に女性は、男女の友情は成立すると感じる人が多くいるのがわかります。

    では、男性は男女の友情についてどのように思っているのでしょうか?女性との違いも踏まえた上で、見ていきましょう。

    ただの女友達、女としては見れない


    「男でも女でも友達は友達だから、女として見ろと言われても無理」(24歳/男性/営業職)
    「大事な女友達だから、下心とか向けるのは失礼だし、そもそも下心が湧かない」(28歳/男性/自営業)

    「異性の友達は成立する派」の男性の多くは、そもそも女友達を女性として見られないと考えているようです。このタイプの男性は、性別関係なく友達としてその女性を見ているという特徴を持っています。

    下心や好意を向けたりするという考えそのものがなく、むしろそうすることは失礼に値すると感じる人が大半です。特に何か二人の間に大きな出来事がない限りは、男女の友情を築き上げられる仲だと言えるでしょう。

    友達だけど、正直抱けるなら…


    「正直女友達は可愛いから、ワンナイトみたいなことがあれば平気で抱けちゃうと思う」(29歳/男性/美容師)
    「友達と言っても異性であることは変わりないから、抱ける機会があれば抱きたい」(30歳/男性/営業職)

    女友達として普段見ていても、抱ける機会があれば女性として見流こともできると考える男性は珍しくありません。普段は下心を持っていなかったとしても、心のどこかに「あわよくば…」という考えが潜んでいるのです。

    何でも言い合える大事な友達


    「価値観が合うから、色々なことを話し合える」(34歳/男性/会社員)
    「女性と男性の価値観は違う部分も多いから、それについて熱心に話し合えるのは刺激的で楽しい」(31歳/男性/販売業)

    男女の考え方や価値観は異なることがよくあります。そのため、異性の友達がいることによって異性への理解が深まり、視野が広がると感じる男性は多くいます。

    すぐに異性が気になるから友達は無理


    「自分は仲良くなった女性をすぐに好きになってしまうから、女友達を持つことは絶対に無理だと感じる」(25歳/男性/会社員)
    「過去に何度も自分が好意を持ったせいで女友達との友情を壊してきたから、女友達を作るのは諦めている」(29歳/男性/美容師)

    すぐに女性を好きになってしまう男性も少なくありません。恋愛経験が少ない男性や、ストライクゾーンが広い男性の場合、女友達が出来たとしても恋愛感情が生まれて友情が成立しなくなってしまうのです。

    そのため、女友達を作ること自体を諦めている男性もいます。特に、過去に自分が恋愛感情を持ったことで男女の友情を崩壊させた経験がある男性はトラウマを抱えているケースも。すぐに好意を抱いてしまうため、あえて普段から女性を避けて過ごしているという人もいます。