職場の先輩が好き…恋愛に発展させるアプローチ法&注意点とは?

  • 要注意!社内恋愛で気を付けるべきこと

    職場での恋愛はドキドキして燃え上がるものですが、注意しなければならないことも沢山あり、少々リスキーな面もあります。何も考えずに社内恋愛をしていると、思わぬアクシデントにみまわれたり、困った状況に追いやられてしまう可能性が高まります。

    社内恋愛で気を付けなければならないポイントについて解説します。

    周囲に関係をバラさない


    同じ職場にいる周りの人に、自分たちの関係をバラさないようにしましょう。就業規則を守っているなら、社内恋愛自体は悪いことではありませんが、面倒な性格の人やお局様などから「職場で恋愛ごっこをしている」と見られてしまい、2人の評価が下がってしまう可能性があります。

    仲の良い同期くらいになら話してもいいのではないかと考える人もいるかもしれませんが、できるだけ全員に秘密にしておきましょう。口の軽い人がいると、そこから漏れてしまいます。意外な人が、周囲に話して回ってしまう可能性は否定できません。

    職場で出会って恋人同士になった段階では、2人の関係は隠しておきましょう。結婚が決まったのであれば、バラしても問題はなさそうです。

    仕事とプライベートはきっちり分ける


    先輩と恋人同士になると、つい職場でも“彼氏と彼女”モードになり、いちゃつきたくなりますよね。でもそれは、職場で働く周りの人たちから見ると、迷惑な行為です。イチャイチャされると気が散るという人もいますし、イライラする人もいるでしょう。

    職場ではあくまで先輩・後輩という立場を意識して、仕事とプライベートをきっちり分けるようにしましょう。社内メールで、ラブラブな文面を送るのもやめましょう。誰かに内容を見られてしまう可能性があり、社内恋愛のことがバレるリスクが高まります。

    先輩との恋人タイムは仕事が終わってから、とキッチリ決めておくべきです。先輩にも、その決まり事を守ってもらいましょう。

    退社時間をずらす


    愛しの先輩と一緒に帰りたくなる気持ちが湧き上がってくるかもしれませんが、それでは「私達、付き合っています」と言っているようなものです。周囲に自分たちの関係が知られてしまうような行動は避けなければいけません。

    退社時間をあえてずらし、2人が実は付き合っているということは隠すようにしましょう。先にどちらかが退社し、会社の外で待ち合わせをすれば、バレる可能性が低くなります。

    とはいえ、毎日無理にずらす必要はありません。もう仕事が終わっているのに無理に片方が帰らないでいると、かえって周囲に怪しまれてしまいます。偶然を装って、たまに一緒に帰るくらいなら問題ないでしょう。

    別れる時は後腐れのないように


    職場恋愛で一番大変なのは、2人が別れた後です。別れた後も、ずっと同じ職場にいなければならないので、気まずい別れ方をしてしまった場合は会社にいづらくなってしまいます。そのような状態は、お互いにとってデメリットしかありません。

    別れた後も会社でうまく“職場の先輩と後輩”としてやっていきたいのなら、変な別れ方をしないようにすべきです。ケンカ別れではなく、慎重な話し合いの末の別れであれば、その後もうまくやっていけるでしょう。