「クリトリスが大きい」女性が抱える悩みとは?原因&ギモンを解析!

  • 意外な魅力も?大きいクリトリスのメリット

    大きいクリトリスはコンプレックスの塊のようなイメージが付きやすいですが、実は意外な魅力もあるんですよ。大きいクリトリスには意外とメリットも多いので、ぜひこちらを読んで自信をもってくださいね。

    愛撫しやすい


    クリトリスが大きいということは、男性が愛撫しやすいサイズだということです。表面に出る部分が大きければ大きいほど、刺激しやすく、触りやすいのです。逆に小さすぎると、見つけるのに苦労します。

    大きければ大きいほど、愛撫できる面が広がり、女性を感じさせることができるため、大きい方が好きという男性もいるほどです。またクリフェチと呼ばれる人たちもいて、大きいクリトリスが大好きだという男性もいます。

    愛撫しやすいクリトリスは愛されやすいのですから、自信を持って良いんですよ。

    敏感でイキやすい


    大きいクリトリスは刺激を受ける面が広いため、小さいクリトリスよりも敏感でイキやすくなっています。必ずしも大きさと敏感さは比例するわけではありませんが、多くの女性はその大きさゆえに敏感です。

    そのためエッチも盛り上がりやすく、またイキやすいので男性に喜ばれます。逆に小さくて感じにくいと、いくら愛撫してもイカないので、男性が「愛撫のしがいがない」と感じることも。

    大きいクリトリスは、むしろエッチ向きだといえます。エッチ好きな彼ができたら、相性が良く、熱い夜を体験できるでしょう。

    興奮させられる


    目視による効果は意外に大きいようで、目の前に女性の恥ずかしい部分があるというだけで、男性は興奮状態になります。ましてやそれが大きいとあれば、目に訴える効果も高まるため、より男性を興奮させることができます。

    女性だって大きい男性器を見たら、思わずゴクリと喉を鳴らして興奮してしまうでしょう。これと同じように、男性だって大きいクリトリスを見たら、その先を想像して興奮してしまうのです。

    そのため彼が興奮しやすく、熱いエッチが体験できるでしょう。特にクリトリス好きな男性を彼にすると、毎晩求めらる人もいるほどです。

    清潔にしやすい


    エッチ関連以外にも、実は大きいクリトリスには、清潔にしやすいというメリットがあります。平均サイズや小さいクリトリスは、見つけるのに苦労しますし、清潔にするために出すのにも苦労します。

    それに比べて、大きいクリトリスだとすぐに表に出せるので、丁寧に洗いやすいのです。大きいと清潔に保つことができるので、臭いが気にならない、痒みがないという嬉しいメリットも得られるんですよ。

    逆に小さすぎると、根本まで洗うのが難しく臭いもこもりやすいので、不潔になりやすい特徴があります。これを考えると、大きいクリトリスも悪いように思えませんよね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)