「クリトリスが大きい」女性が抱える悩みとは?原因&ギモンを解析!

「クリトリス」は女性なら誰しも耳にしたことのある単語ですが、これが何を指すのか知っていますか?今回はクリトリスについての基本や、大きいクリトリスを持つ女性の悩みに寄り添っていきます。大きいクリトリスを持つ女性に対する男性心理についても紹介します。必見ですよ!

  • そもそも「クリトリス」とは?

    「クリトリスが大きい」と言われても、そもそもクリトリスが何を指すのか分からないという人もいるでしょう。クリトリスとは女性の性感帯の一つで、女性なら誰にでもあるものです。自分のクリトリスのことをよく知ってみましょう。

    割れ目にある小さな突起


    クリトリスとは、女性器の割れ目にある小さな突起のことを指します。割れ目を指で広げてみると、割れ目の上の方にちょこんと居座っている突起があります。それがクリトリスです。これは女性の性感帯の一つで、感じやすい部分とされています。

    また、陰核という呼ばれ方もします。クリトリスのことを知ることは恥ずかしいことではありませんし、自分の体を知るために必要なことです。女性特有の病気とも関わってくるので、性器についてある程度理解しておかなければいけません。

    自分が気持ち良くなるためにも、健康的に過ごすためにも、今回はクリトリスについて理解を深めていきましょう。

    平均サイズは5~7㎜


    クリトリスは女性なら誰にでもあるものですが、いつも表に出ているものではありません。その大半は体の中に隠れていることが多く、性行為や性器を洗うために広げることで、その全体がさらけ出されます。

    また、クリトリスの平均サイズは5mm~7mmといわれており、とても小さなものであることが分かります。そのため、まだ性行為をあまり重ねていないという女性なら、性器を真正面から見ただけでは、その大きさも姿も分からないでしょう。

    クリトリスはとてもデリケートなので、自分で触って確かめる時は必ず清潔な手で触ります。クリトリスのみならず、性器はとても敏感でデリケートです。雑菌が入らないように気をつけ、確認しましょう。

    大きさは個人によって異なる


    平均的なサイズが5mm~7mmのクリトリスですが、実は大きさは個人によって異なります。そのため、これよりも小さい人もいれば、当然大きい人だっています。これは個人差もあるため、大きさがどうであれ問題ありません。

    どちらかといえば、性器に痒みや痛みを感じたり、変な臭いがしたり、白くぼそぼそとしたものが付着していたりする方が問題有りです。これらは性病や女性特有の病気の可能性もあるため、すぐに病院を受診した方が良いでしょう。

    クリトリスをはじめ、自分の性器は単にエッチのためだけのものではありません。何か異常がないか、定期的に確認することをおすすめします。