友達の紹介から付き合うための【必勝LINE法】やりとりのコツを伝授!

  • 友達の紹介|LINEでのやりとりのコツとは?

    元々LINEでやりとりをするのが苦手な人は、友達に紹介してもらうと「友達にせっかく紹介してもらったし、ちゃんとしなきゃ」とプレッシャーを感じてしまう人もいるでしょう。次はそんなLINEが苦手な人のために、LINEでやりとりするコツを紹介します。

    返事はなるべく早く返す


    友達の紹介でLINEをするようになったら、返事はなるべく早く送るようにしましょう。携帯をいじるのがあまり好きではない人にとっては、即リプするのは少し億劫に感じてしまうかもしれませんが、あまりに返事が遅いと、相手に「私とLINEしたくないのかな」「僕の話がつまらないのかな」と思われてしまい、自然と関係が終わってしまう可能性があります。

    なるべく早く返すといっても、常にスマホをチェックしなければならないわけではなく、その日のうちに返すくらいで大丈夫です。次の日になっても返事がなければ相手も不安になりますが、朝起きたときに相手からLINEがきていれば、朝からテンションが上がるでしょう。

    相手の好きなものを聞く


    友達の紹介でLINEをし始めた人は、相手の好きなものを聞くといいでしょう。せっかく紹介してもらったのに、「よろしくね」などの一言だけでは、相手だって話をどうやって展開していけばいいのか分かりませんよね。「僕はこういう漫画が好きなんだけど、漫画とか読む?」と自分の趣味の話から広げていけば、自然に会話が続くでしょう。

    ただし、相手の好きなものを聞くといっても、質問攻めにするのは控えましょう。質問コメントを連投するのではなく、相手からLINEの返事が来たら、それについての話題を盛り上げるようにすることが大切です。相手が答えているのに何のコメントもしないで次の質問をしてしまうと、「そっちが聞いてきたのに無視?」と困惑されてしまうでしょう。

    スタンプや絵文字には注意する


    友達の紹介でLINEをするようになったら、スタンプや絵文字には注意しましょう。スタンプを使いすぎすると「全然質問してこないし、会話が盛り上がらない」と相手は困ってしまいます。また、絵文字が多すぎるとチャラチャラしてる印象を与えたり、ちょっとバカっぽい印象を与える可能性があります。

    特に男性が絵文字をたくさん使ったLINEをすると、引いてしまい一気に冷めてしまう女性もいるので、使い過ぎには注意が必要です。逆に、スタンプや絵文字を全然使わない人も、相手に冷たい印象を与える可能性があるので、たまにでもいいので適度に使うのがおすすめです。

    疑問形で返す


    友達に紹介してもらってLINEをするようになったら、返事のLINEは疑問形にすることを意識しましょう。LINEのラリーが長く続けば、だんだんと話すことがなくなるのは当たり前です。でも、文章の中に一つでも「?」マークが入っていれば、相手はそれについてコメントすることができるので、LINEが途切れないカギになります。

    とはいえ、「疑問形で返さなきゃ!」と焦ってしまい、同じ質問をまたしてしまうのはNGです。無理のない範囲で疑問形を使うといいでしょう。

    相手が提供してくれた話題を膨らます


    友達の紹介でLINEをするようになったら、相手が提供してくれた話題を膨らますことも大切です。知らない者同士が知り合うには、お互いに相手を知ろうとする努力が必要になります。相手が提供してくれた話題が自分にとっては興味のない分野の話でも、まずは乗ってみましょう。

    その分野について知識が全然ないならば、色々と相手に質問するチャンスですし、知識の幅を広げることができます。何を質問すればいいかわからないときは、「どういうきっかけでそのことに興味を持ったの?」と聞いてみるのがおすすめです。

    明るい印象になるように文を作る


    友達に紹介してもらった人とLINEを続けるようにするには、明るい印象を与えられるような文を組み立てましょう。「今日は仕事で嫌なことがあって疲れたけど、友達と美味しいものを食べて元気になれた」という文章と、「友達と美味しいものを食べに行って楽しかったけど、仕事で嫌なことがあって疲れた」という文章では、同じ意味でも前者の方が明るい印象ですよね。

    LINEは言葉のチョイスによって相手に与える印象が大きく変わってくるので、同じ意味なのにネガティブな印象を与える文を組み立てるのはもったいないです。前向きな言葉を使う人の方が「もっと話したい」と思われるでしょう。