友達の紹介から付き合うための【必勝LINE法】やりとりのコツを伝授!

  • 友達に紹介してもらう前に!事前にやるべきこと

    友達の紹介だからといって、誰でもいいわけではないですよね。全然自分の好みじゃない人を紹介されても、LINEするのが辛くなってしまいます。まずは友達に紹介してもらう前にやるべきことを紹介します。

    好きなタイプ・嫌いなタイプを伝えておく


    友達に紹介してもらう前に、好きなタイプと嫌いなタイプを伝えておきましょう。友達であれば、あなたの好きなタイプや嫌いなタイプをざっくりと把握しているかもしれませんが、「じゃあ実際どういう人がいいの?」という話になったときに答えられない人の方が多いはずです。

    友達に好きなタイプと嫌いなタイプを伝えるときは、「はっきりと具体的に」伝えることがポイントです。遠回しに言ってしまうと、どいう人がいいのか、どういう人が嫌なのかがイマイチ伝わらないので、可能な限り具体的に伝えましょう。

    例えば、彼氏が欲しいなら、「自分より背が高くて、LINEでどんどん話をリードしてくれる人がいい」「私より背が低くてもいいけど、LINEでも口下手な人は嫌だ」などです。彼女が欲しいなら、「家庭的なタイプで笑顔の素敵なよく笑う子がいいな」「言葉使いがキツイ、ガサツな子は苦手」などと伝えると分かりやすいでしょう。

    紹介前にどんな相手か確認する


    友達にどういう人がいいか、どういう人が嫌なのか伝えた後は、紹介してもらう前にどんな相手か確認することも重要です。自分のタイプをはっきり伝えたとしても、友達に少し違う解釈をされている可能性もあり、相手があなたが望むようなタイプではないことがあります。

    一度友達に紹介してもらってLINEをすることになると、「なんかちょっと違うかも…」「友達に伝えた私のタイプではないな」となったときでも、フェードアウトしづらくなります。好みではない、興味のない相手とのLINEほどつまらないものはありませんよね。

    ですので友達に紹介してもらいLINEを始める前に、どんな相手かを確認しましょう。もしかしたらすごく自分のタイプで、どんどんLINEしたくなるような素敵な相手かもしれませんよ!

    生理的に無理なタイプを伝えておく


    好きなタイプと嫌いなタイプのほかに、「生理的に無理なタイプ」というのが存在します。友達に紹介してもらう前に、生理的に無理なタイプも伝えておきましょう。

    もし嫌いなタイプを紹介されたとしても、百歩譲って相手のいいところを探す努力をすれば、仲良くなれる可能性もあります。しかし相手が生理的に無理なタイプだと、どんなにいい人でも、どんなに仲良くなろうと歩み寄っても、生理的に無理なのでどうやっても無理なんです。

    具体的にいうと、相手が女性ならば「お風呂嫌いで不潔な感じの体臭がする女の子は、どんなに顔が可愛くても無理」とか、相手が男性ならば「どんなにかっこよくても、鼻毛が出ていたりすることに無頓着な人は生理的に無理」などと分かりやすく伝えておきましょう。

    恋人募集中か確認してもらう


    友達に紹介してもらう前に、相手が本当に恋人募集中か確認してもらうことも大切です。すでに恋人がいるのに、友達募集のために友達に紹介してもらいたがる人も少なからず存在します。もし自分が恋人募集中だったとしたら、お互い望むものが違うので、ちぐはぐになって微妙な雰囲気になるおそれも…。

    もし友達に紹介してもらう前に相手が恋人募集中かどうか確認しないでLINEを始めたら、自分は恋愛したいモード全開でLINEをするので、相手と温度差が出てしまうこともあり得るでしょう。LINEするようになってから相手に恋人がいることを知ってしまうと、「え、じゃあなんでLINEしたの?」と意味不明に感じてしまうはずです。

    無駄なやりとりを避けるためにも、必ず確認することをおすすめします。