相手の気持ちがわからない…恋愛で彼の気持ちを確かめる方法とは?

  • 相手の気持ちがわからない時の対処法《恋人編》

    相手の気持ちがわからない時、その相手が恋人なら対処し解決していく方法はたくさんありそうです。まったくの他人ではないので、そのときは理解できなくても、じっくり時間をかければいつかは解決することができるでしょう。

    本人に直接気持ちを聞いてみる


    恋人同士の場合、相手の気持ちがわからないなら、本人に直接聞いてみましょう。むしろ恋人ですから、あまり回りくどい方法を使わない方が早い解決が望めます。

    相手に気持ちを尋ねるときに、「あなたの気持ちがわからないのがすごく不安で…」と自分の気持ちも率直に付け加えましょう。そうすればお互いの気持ちを理解し合えて、前よりもっと関係性が深まるはずです。

    一度でも「わからないから聞きたい」と伝えておけば、今後また同じことがあったときに、向こうから気持ちを打ち明けてくれるでしょう。

    相手がしてくれたことを振り返る


    相手の気持ちを知るために、今一度、相手がしてくれたことを振り返ってみましょう。そこに相手の気持ちがわかるヒントが隠されているかもしれません。

    直接聞いたら険悪なムードになりそうだと感じたら、無理に相手と話し合いはせず、一人になって冷静に相手の行動を振り返り、そこから相手の気持ちを推測してみることです。相手がしてくれたことを最初から振り返ると、これまで気付かなかったことに気付くことができるかもしれません。

    ただし、相手の気持ちに気が付いたら、そのまま納得してしまわないこと。早合点の解釈には間違いがあるかもしれません。ですから最終的には、彼に気持ちの確認をしましょう。

    「気持ちがわからない」と手紙を書いてみる


    彼氏の気持ちがわからないとき、意外に効果的なのが「手紙」です。切手を貼ってきちんと郵便で送る手紙がより効果的ですが、彼の部屋に行ったときに置き手紙を残してくるのでもいいでしょう。

    「文章を読んでもらうならLINEでもいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、それでは効果は薄くなります。むしろ長文のLINEの文章は威圧的で面倒なイメージを相手に与え、素直な気持ちで読んではもらえないでしょう。

    手紙なら、自分の文字で自分の気持ちを伝えるので、リアリティーを与えられます。「あなたの気持ちがわからないから、手紙を書いてみました」から始め、率直な今の思いを綴ってみましょう。

    思い切りケンカする


    恋人同士なら、今の思いを相手にぶつけて思い切りケンカしてみるのもアリです。でもこれは、いろいろな対処法を全部試しても、結局相手の気持ちがわからなかったときだけにしましょう。「どうしてもあなたの気持ちがわからない!」とはっきり相手に告げ、相手の反応を見てください。

    そこでケンカになってしまっても、返ってくる彼の言葉には確実に「真実」が隠されています。これまで黙っていた本音などを、怒りの感情とともにあなたにぶつけてくるはずです。しっかり聞き逃さないようにしましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)