「好きな食べ物は?」モテる女性の答え方はコレ!上手な回答12選

  • 好きな食べ物を答えるときの注意点とは?

    好きな食べ物を答えるときに注意したいことがいくつかあります。偽ることや、相手を否定することなどのほかにも注意すべきことがあるので、チェックしておきましょう。モテる女性は、これらの注意点をしっかり意識した上で答えています。

    嫌いなものを好きと言わない


    例えば、男性の好きな食べ物に合わせて、嫌いな食べ物を「好き」と偽るのは、よくありません。もしその食べ物を一緒に食べることになったとき、美味しそうにたくさん食べることはできますか?嫌いな食べ物を美味しそうに、たくさん食べるのは難しいでしょう。

    「好き」と聞いていたのに、箸の進まないあなたを見て、男性はがっかりしてしまいます。ですから、男性と好みが違ったとしても、男性に合わせて好きと答えるのはやめましょう。

    相手の好きな食べ物を否定しない


    好きな食べ物の話をしている中で、相手の好きな食べ物を聞くこともあるでしょう。そのとき、相手の好みが自分の好みと正反対だったとしても、「それは嫌い」「本当に美味しい?」など、否定的な言葉をかけないようにしましょう。

    自分が好きなものを否定されたら、嫌な気持ちになりますよね。もし相手の好きな食べ物が自分の好みではなくても、否定的なことは言わないように気をつけましょう。

    もし好きではなくても、その食べ物の悪いところは言わず、「私はちょっと苦手で食べられないけど…」などとソフトな言い方にすると良いですね。

    テーブルマナーの難しい料理は答えない方が良い


    テーブルマナーの難しい料理を答えることは、極力避けましょう。たとえばフレンチなどが、その代表的な例と考えられます。テーブルマナーに不安がある男性の場合、「フレンチ」と答えられた時点で「この女性との食事デートはナシ」と思ってしまう可能性があるでしょう。

    二人の仲が親密になれば、男性も「実はフレンチはマナーが心配」と打ち明けやすいかもしれません。しかし、まだ一緒に食事に行ったことがない男性に「フレンチ」と答えるのは、悪手になる可能性があるので気をつけましょう。

    素材へのこだわりが強いと引かれる


    オーガニック、国産、フェアトレードなどに強くこだわり過ぎると、男性に引かれてしまう可能性があります。なるべく安全で持続可能な食べ物を選びたいという気持ちはわかりますが、好きな食べ物の条件がオーガニックや国産などだと、「面倒臭い女性」と思われかねません。