二の腕の太さが気になる!男女別の平均&理想サイズと測り方を解説!

  • 二の腕の太さの測り方&ポイント!

    二の腕の太さを測るには、いくつかポイントがあります。正しい測り方を知ることで、正確なサイズを知るようにしましょう。二の腕の太さの測り方と、測る時のポイントをご紹介します。

    鏡の前に立つ


    二の腕の太さを測る際には、まずは鏡の前に立ちましょう。測る際のポイントとしては、メジャーを当てる位置や腕の角度が重要になります。そのため、鏡を見ながらでなければうまく測ることができません。鏡の前に立ち、しっかり位置や角度を意識しながら測るようにしましょう。

    腕はヨコに広げる


    鏡の前に立ったら、腕をヨコに広げましょう。そうすることで正確なサイズを測ることができます。ただヨコに広げるのではなく、腕に巻いたメジャーが地面に対してまっすぐ90度に垂直になるよう調整して測定するのがポイント。

    その状態でメジャーを巻くのが難しい場合には、家族や周りの人に手伝ってもらいましょう。慣れるまでは一人でできない場合が多いので、家族や友人と一緒にいるときに測定することをおすすめします。

    測るのは一番太い場所


    二の腕のサイズを測る際にもっとも重要なのが、「1番太いところで測る」ということです。大体の人は二の腕の真ん中付近が1番太い部分なので、鏡を見て確認しながら測る必要があります。1番太いところがわかったら、その位置からずれないようにメジャーを巻きましょう。

    測る位置をチェックする時は、腕をまっすぐに伸ばした状態で太さを確認します。肩から肘までの1番太いところが、測定位置です。

    同じ時間帯に諮る


    顔や足と同様に、二の腕もむくむことがあります。そのため、太さを測定する際には、なるべく同じ時間帯に同じ条件で行いましょう。起床後は最もむくみが気にならない時間帯なのでおすすめです。

    時間帯がバラバラだと誤差が出る可能性があるので、頻繁に測る場合には同じ時間帯に測るよう心がけましょう。