「あーん」して食べさせる心理を関係別に徹底分析!女性の本音とは?

  • 「あーん」で食べさせる心理《異性の友達編》

    異性の友達から「はい、あーん」と言われて戸惑ったことはありませんか?特に、気になる相手からされた場合には「え、私に気があるのかな?」と思ってしまいますよね。

    異性の友達からの「あーん」は、カップルや同性同士の「あーん」とは違って、色々な思惑が含まれいそうです。異性の友達が「あーん」で食べさせようとしてくる心理をご紹介します。それでは見ていきましょう!

    相手の反応を探りたい


    「あーんして食べてくれたら、嫌われてはいないと判断して、アプローチを開始します」(21歳/女性/学生)

    まずは、自分が「はい、あーん」とされた場合のことを考えてみましょう。嫌いな相手だったら、「え、ちょっと無理なんだけど…」と思いませんか?逆に、相手を悪く思っていない場合や好意を寄せている場合は、気軽に、または喜んで応じることができるのではないでしょうか。

    「あーん」を成功させるには、食べさせる側だけでなく、食べさせられる側にも一定以上の好意が必要なのです。

    異性の友達が「あーん」で食べさせようとしてくる時、向こうはこちらの反応を見ています。相手は「応じてくれたら脈あり、断られたり嫌な顔されたら脈ナシ」と考えて、距離感を計っているといえるでしょう。

    自分が相手を意識している事をアピールしている


    「仲良くしたい男性にあーんして、他の人じゃなくてあなたと仲良くなりたいんだよってアピールする!」(19歳/女性/接客業)

    「あーん」して食べさせる人は相手に一定以上の好意を持っているというのは、先程ご説明した通りです。それを利用して、相手に「仲良くしたい」「意識している」「好き」等の気持ちを言葉にせずに伝えるために、「あーん」して食べさせようとする場合もあります。

    他の人には「あーん」をしないのに、あなたにだけ「あーん」で食べさせてくる場合は、特にこの可能性が高いでしょう。あなただけではなく周りの人にも「自分はこの人に好意を持っている」とアピールしているのです。

    間接キスを狙っている


    「間接キス狙いです!下心です!」(18歳/女性/学生)

    「あーん」で食べさせる時の多くは、自分が使っているお箸やスプーンが使われます。つまり、間接キスをするということになりますね。

    たとえ気心の知れた仲間との飲み会であっても、お目当ての人のグラスに口をつけるのはちょっと不自然です。しかし、お目当ての人に自分の箸を使って「あーん」で食べてもらい、「どう?美味しいでしょー」と言いながらその後自分も食べれば、自然に間接キスが成立します。

    体験談にあるように、間接キスを狙ってわざと「あーん」をする女性もいるのです。間接キスをしたいと思うくらいの相手なので、もちろん「はい、あーん」と言った後の相手の反応を探る狙いあります。

    独占欲のアピールや周りへのけん制


    「コンパで狙いを定めた男性にあーんして、周りに『私はこの人を狙うからね』ってアピールする」(28歳/女性/営業)

    飲み会や合コンなどで、狙った相手に「あーん」で食べさせようとする人は、周りに対して独占欲を示し、手を出さないようけん制しています。「あーん」をすることによって「自分はこの人に好意を持っている」と主張しているのです。

    相手がそれを受け入れて食べることにより、「自分の振る舞いを相手が受け入れるほど通じ合っている」という意味にもなります。付き合っていない間柄でも「自分たちはこれだけ親密な関係なのだ」とアピールし、2人の間に誰も入ってこないようにけん制しているのです。