「あーん」して食べさせる心理を関係別に徹底分析!女性の本音とは?

  • 「あーん」で食べさせる心理《カップル編》

    「あーん」で食べさせているカップルは、見ている方は「仲がいいな」と思うと同時に「目の前でイチャイチャされても困る」とも感じます。

    気心が知れた仲間で集まっている時なら良いですが、公衆の面前で「あーん」をすることは「空気の読めないバカップルがいるな」と周りに不快感を与える可能性が大きいため、避けた方が良いでしょう。

    その点を踏まえ、カップルが「あーん」で食べさせる心理を見ていきましょう。

    イチャイチャしたい


    「単純にイチャイチャしたいなって思ったから、彼氏にあーんして食べてもらう」(19歳/女性/学生)

    「あーん」で食べさせる行為は、イチャイチャする行為と認識している人が多いですよね。仲良くしたい、イチャイチャしたいと思った時に手軽にできる行為なので、パートナーが「あーん」をしたがったら、喜んで受け入れてあげましょう。

    あなたのパートナーが頻繁に「あーん」をしてくるようであれば、パートナーもあなたに「あーん」をしてもらいたがっているのかもしれません。食べさせてあげた後に「おいしい」と喜ぶあなたの顔を見て、自分も「あーん」をしてもらって喜びたいと思っているのでしょう。

    あなたからも「あーん」のお返しをして、さらにイチャイチャしてみてはいかがでしょうか?

    美味しいものを共有したい


    「自分のおかずに彼の好きそうな食べ物があったら、あーんして分けてあげる」(27歳/女性/会社員)

    好きな人と一緒に美味しいものを味わいたいという心理から、パートナーに「あーん」で食べさせる場合も多くあります。食事をしている時にパートナーが「これ美味しいよ!はい、あーん」としてくるのは、「美味しいと思ったものを共有したい」という気持ちからです。

    美味しいものを共有して幸せな気持ちになれるだけではなく、「美味しいでしょ?」「美味しい!」と会話も弾むでしょう。

    ラブラブぶりを周囲に見せつけたい


    「周りにラブラブアピールしたくて、若い頃は学食でよくやってた…。今考えると恥ずかしい」(28歳/女性/販売)

    パートナーが人前で「あーん」をしてくる場合には、自分達のラブラブぶりを周囲に見せつけたいという心理が働いているのかもしれません。

    「あーん」という行為は、仲の良いカップルや夫婦が行う行動として、多くの人が認識しています。それを人前ですることによって「自分たちはこんなに仲の良いカップルなんだぞ」と周りに自慢をしているのです。

    お互いが同じテンションで行っている場合は良いですが、「人前であまりされたくないな」と少しでも感じているなら、「恥ずかしいから2人きりのときだけにしよ?」とやんわり断りましょう。

    愛情表現のあらわれ


    「直接触ってはいないけど、スキンシップの一環だと思ってる」(25歳/女性/営業)

    「あーん」をして食べさせる人の心理のひとつに愛情表現があります。

    キスをする、抱きしめる、手を繋ぐなどのように、じかに接触するわけではないものの、「あーん」をするためにはある程度顔や体が近づくことになりますよね。ですので、相手に口を開けた無防備な姿を要求している「あーん」は、間接的な愛情表現といえるのです。自分の箸やフォークなどで「あーん」をさせた場合は、間接キスをすることにもなります。

    パートナーから「あーんして?」と言われたら、喜んで応じてあげましょう。