「昼行灯」の意味&読み方とは?昼行灯キャラの特徴と対処法も解説!

「昼行灯」という言葉を聞いたことはありますか?この記事では、昼行灯の読み方と意味、由来や類語についてご説明します。デキる系・ダメ系・自虐系といった各種昼行灯の傾向と対策や、漫画やアニメの代表的昼行灯キャラもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

  • そもそも「昼行灯」って何?

    「昼行灯」という言葉を聞いたことはありますか?もとになっている「行灯」は電気の普及した現在では使われておらず、知っているのは年配の方か時代劇が好きな人くらいでしょう。

    はじめに、昼行灯の読み方や、そもそも行灯とは何かについて説明していきます。

    「昼行灯」の意味と読み方


    「昼行灯」は「ひるあんどん」と読み、意味は「ぼんやりしてる人・いてもいなくてもいい人・役に立たない人」です。

    「行灯(あんどん)」とは、江戸時代頃に使われていた照明器具のこと。竹や金属などで作った枠に紙を貼り、中に油皿を置いて灯りをともします。

    昼間に行灯をともしても役に立たないことから、「昼行灯」という言葉ができました。

    「昼行灯」の類語


    「昼行灯」の類語は、「与太郎(よたろう)」や「ウドの大木」などです。

    「与太郎」は、落語などで描かれる、ぼんやりとしたマヌケなキャラクターのこと。「ぼんやりしている・役に立たない愚か者」という意味があり、「おまえはほんっとに与太郎だな!」といった感じで使います。

    「ウドの大木」はことわざのひとつで、図体が大きいだけで役に立たないという意味を持ちます。

    「昼行灯」使い方の例


    「昼行灯」は、実際には次のようなシーンで使われます。

    ・「部長っていつもなにやってんの?昼行灯だよね」
    こちらは、「働いているのかいないのかわからない存在」という意味で使われています。昼行灯という言葉を付け足すことによって、存在感が薄いということも伝わりますね。

    ・「同僚がとんでもない昼行灯で、全く仕事がすすまねえ…」
    こちらは、「役に立っていない」という意味で使われています。役に立っていないだけでなく、なにもしていないというニュアンスも含まれます。