「昼行灯」の意味&読み方とは?昼行灯キャラの特徴と対処法も解説!

「昼行灯」という言葉を聞いたことはありますか?この記事では、昼行灯の読み方と意味、由来や類語についてご説明します。デキる系・ダメ系・自虐系といった各種昼行灯の傾向と対策や、漫画やアニメの代表的昼行灯キャラもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

  • そもそも「昼行灯」って何?

    「昼行灯」という言葉を聞いたことはありますか?もとになっている「行灯」は電気の普及した現在では使われておらず、知っているのは年配の方か時代劇が好きな人くらいでしょう。

    はじめに、昼行灯の読み方や、そもそも行灯とは何かについて説明していきます。

    「昼行灯」の意味と読み方


    「昼行灯」は「ひるあんどん」と読み、意味は「ぼんやりしてる人・いてもいなくてもいい人・役に立たない人」です。

    「行灯(あんどん)」とは、江戸時代頃に使われていた照明器具のこと。竹や金属などで作った枠に紙を貼り、中に油皿を置いて灯りをともします。

    昼間に行灯をともしても役に立たないことから、「昼行灯」という言葉ができました。

    「昼行灯」の類語


    「昼行灯」の類語は、「与太郎(よたろう)」や「ウドの大木」などです。

    「与太郎」は、落語などで描かれる、ぼんやりとしたマヌケなキャラクターのこと。「ぼんやりしている・役に立たない愚か者」という意味があり、「おまえはほんっとに与太郎だな!」といった感じで使います。

    「ウドの大木」はことわざのひとつで、図体が大きいだけで役に立たないという意味を持ちます。

    「昼行灯」使い方の例


    「昼行灯」は、実際には次のようなシーンで使われます。

    ・「部長っていつもなにやってんの?昼行灯だよね」
    こちらは、「働いているのかいないのかわからない存在」という意味で使われています。昼行灯という言葉を付け足すことによって、存在感が薄いということも伝わりますね。

    ・「同僚がとんでもない昼行灯で、全く仕事がすすまねえ…」
    こちらは、「役に立っていない」という意味で使われています。役に立っていないだけでなく、なにもしていないというニュアンスも含まれます。
  • 昼行灯キャラ「あるある」な特徴とは?

    ぼんやりしている・役に立っていない・存在感が薄いなどのイメージの昼行灯キャラについて、共通してみられる特徴を挙げていきます。

    昼行灯という言葉は、現在では少し意味合いが変わってきています。漫画やドラマなどの「普段はダメだが実はすごい奴」という昼行灯キャラのイメージが浸透し、マイナスの意味だけではなくなってきているのです。

    しかし元々はあくまでも「人を嘲る言葉」です。周りに当てはまる人がいても、「君って昼行灯キャラだよね!」と言ってはいけませんよ!

    目立たない地味な部署にいる


    会社で目につきやすいのは、成果がわかりやすく、色々な取引先と電話をしたり出かけたり…といった動きのある営業職ではないでしょうか。対して、営業事務や庶務などはこつこつと仕事をすることが多いので、営業に比べると地味な印象があるかもしれません。

    しかし事務方は、縁の下の力持ち的存在で、必要不可欠です。目立たない地味な部署でも、しっかりと役に立つ仕事をしています。本人達の前では口にできませんが、「デキる系昼行灯」だと言えるでしょう。

    窓際族である


    窓際族とは、以前はバリバリと重要な仕事をしていたにもかかわらず、何かしらのトラブルで閑職に追いやられてしまった人のことです。

    転職をしてよそでがんばろうという選択をせず、のんびりとした部署で過ごしている姿は「昼行灯」に見えますね。昼行灯に見えても、転職や逆転劇など、もう一花咲かせてやろうと何かを考えている可能性もありますよ。

    周りにダメな人と思われている


    昼行灯キャラの特徴として、「上司によく小言を言われている」というのもあります。仕事をしているのかも怪しく、やる気があるのかもわからない。小言を言われても「はあ…すいません」と応えるだけで、特に響いていない。これでは上司の小言も増えてしまいますね。

    そんな態度ではしょっちゅう小言を言われるはめになるので、それを見ている周りの人にも「あいつはダメな奴だ。昼行灯だな」と思われがちです。

    能あるタカは爪を隠す?


    普段ぼんやりしていても、全く役に立たない「ダメな昼行灯」とは言い切れないかもしれません。

    普段は省エネなだけで、いざというときは頭の回転が速い「能あるタカは爪を隠す系昼行灯」の可能性もあります。何かトラブルがあった時に頼れる人だ、ということもありえますよ。

    何をしているかわからない


    何かしらの作業はしているけど、実際何をしているのか周りからはわからないところも、昼行灯と思われがちな人の特徴です。

    「何をしているのかわからない」ということは、「その作業はしてもしなくても大きな差はない」ということですよね。この状態はまさに、明かりがついているのかいないのかわからない「昼行灯」と同じです。

    いてもいなくても同じと思われている


    昼行灯キャラは、「ぼんやりしていてダメな人」とか「何をしているのかわからない人」と思われています。要するに「いてもいなくても同じ」と周りに思われているということですね。

    普段はいてもいなくても同じだと思われていても、いざという時に実力を発揮したら「カッコいい方の昼行灯キャラ」といえるでしょう。しかし、トラブルの時もぼんやりとしていたら「ダメな方の昼行灯キャラ」ということになります。