女性がムラムラする瞬間とは?困った時の性欲の抑え方&解消法も紹介

女性だってムラムラするのは当たり前。そして、それを感じたときに戸惑いの気持ちが表れるのは仕方のないことです。この記事では、女性のムラムラ解消法や、ムラムラに関わる女性の気持ちなどを紹介していきます。上手に解消しながら、自分の性欲と向き合いましょう。

  • 女性と男性ではムラムラする瞬間も違う?

    男性がムラムラする瞬間と、女性がムラムラする瞬間は違うといわれています。というのも、男性と女性とでは性欲のピークを迎える時期が異なり、またムラムラを感じる対象や内容が違うからです。世の中の性的コンテンツに男性向けと女性向けがあるのは、このためでもあります。

    それだけでなく、彼からエッチのお誘いがあったときにその気になれなかったり、また逆に、彼氏がその気なのに彼女が乗り気ではなかったりする時もありますよね。これは非常にデリケートな問題ともいえます。

    また、時にはムラムラをコントロールできない時もあるでしょう。ムラムラして耐えられない時は、どうすれば良いのでしょうか?本記事では、女性の性欲についてだけではなく、ムラムラの解消法もあわせてご紹介します。
  • 女性がムラムラする原因とは?

    女性がムラムラする原因とはいったいどういったものでしょうか?女性がムラムラする原因を知ることで、自分の性欲をコントロールすることや、理解を深めることに繋がるでしょう。彼との性生活を円満にするためにも知っておきましょう。

    ストレス


    ストレスと性欲には、深い関わりがあるのをご存知ですか?いわば、ムラムラはストレスのはけ口であり、ストレスを発散するための合図なのです。そのためストレスを感じると、それを発散すべく、脳がムラムラとした性欲を感じさせるのです。

    そしてムラムラが解消されると、ストレスも同時に軽減されます。そのように、ストレスと人の性欲は切っても切り離せないものと認識されているのです。

    しかし、ストレスを感じるたびに性欲を処理すべく行動したり、安易にストレスとムラムラを結びつけたりするのは危険です。ストレスと性欲には深い関わりがありますが、ムラムラをコントロールしたいなら、別のストレス発散法を身につける必要があります。

    ホルモンの影響


    思春期になると、ホルモンの影響によって性への興味が高まり、ムラムラしてしまうことがあります。そしてこれは、思春期だけの問題ではありません。

    女性は月経や閉経、そして出産など、ホルモンに振り回されやすい生き物です。ホルモンの分泌が過剰になったり、ホルモンバランスが崩れたりすれば、性欲が高まることがあります。そのため、ムラムラしてしまうのです。

    本能


    人間は理性的な生き物とされていますが、それでも本能を忘れたわけではありません。個人差はあるでしょうが、女性には女性としての本能が備わっています。

    ムラムラに関連する本能は、いわば生殖活動です。生きるため、子孫を残すための本能といえるでしょう。その程度は人によって異なりますが、特に結婚願望が強く子供が欲しいと願う女性は、ムラムラしやすい傾向にあります。

    また女性として、雌としての本能でもあるため、単に男性を求めるという欲求を感じることもあるでしょう。本能と対峙した際には戸惑い、困惑もするでしょうが、それもまた自分の一面として受け入れることが大切です。

    好きという強い気持ちの影響


    ここまで紹介した女性のムラムラや性欲は、主に女性としての体や体質によるものでしたよね。しかしそれらとは別に、特定の男性を「好き」という強い気持ちの影響によっても、ムラムラすることがあります。例えば、好きすぎてもっと触れていたいと願う気持ちです。

    彼に触れていたいという気持ちが高まりすぎて、その先にまで行ってみたいと思ったことのある女性は少なくないでしょう。これは当然の気持ちですし、恥ずかしいことではありません。

    好きという気持ちは、性欲とも深い関係があります。強すぎる気持ちは性欲を高めてしまいますが、純粋な好意であれば恥じる必要はないでしょう。