「かまってちゃん」の特徴まとめ!心理&対処法と周囲の本音とは?

  • かまってちゃんへの正しい対処法&上手な接し方

    かまってちゃんへの対応は思った以上に難しそうですが、正しい対処法はあるのでしょうか?ここからは、かまってちゃんとの上手な接し方についてお話しましょう。

    一定の距離を保つ


    うまく対応する自信がない人は、できることなら、かまってちゃんとは関わらないのが一番でしょう。かまってちゃんだという噂がある人には近づかないこと。もしも関わらなければいけない状況になったとしても、知り合い程度の関係に留まるということが大切です。

    かまってちゃんに深入りさえしなければ、少なくともあなた自身は平和に過ごせます。一定の距離感を保つことができれば、「かまってちゃんと周囲の人たち」の傍観者になれるでしょう。

    必要以上にかまわない


    かまってちゃんに絡まれたとしても、必要最低限の絡みに留めておけば、ストレスを感じることはありません。かまってもらえないとわかれば、相当あなたのことが大好きでない限り、かまってちゃんもかまってアピールをしなくなります。

    「今までかまってちゃんの話し相手になっていたけど、もう疲れたな」と感じているなら、無理にかまう必要はありません。「私が相手にしなかったら死ぬんじゃないか…」と気に病む必要もありません。あなたがダメなら、他に頼れる人を探すでしょう。かまってちゃんは意外と図太いのです。

    子どもだと思って関わるようにする


    「相手は子どもだ」と思って接するのもひとつの手です。かまってちゃんのかまってアピールは、子どもが大人に対してするものと同じだと考えるようにしましょう。そうすれば、あなたが子ども嫌いでない限り、不思議と許せてしまうかもしれません。

    「他所の子を預かっている」という感覚で当たり障りなく接し、見守ってあげるという姿勢が大切です。

    話を適当に聞く


    かまってちゃんの話を全て正面から受け止めるためには、相当な気力と体力が必要です。かまってちゃんの話を聞くだけで、自分の感情がネガティブな方向に持っていかれて、精神的に参ってしまうこともあります。

    そのような事態にならないためにも、かまってちゃんの話は適当に聞くべきです。適当という言葉を使ってしまうと、不真面目な態度で聞いているかのような印象を受けるかもしれませんが、ここで言う「適当に聞く」という意味は「程よく聞く」という意味です。

    「話を全て聞こう!」と前のめりになるではなく、BGMを聞き流すような感覚で聞けばOK。ある程度話の内容を把握しつつ、「ちゃんと聞いていますよ」という意思表示のために適度に相槌を打つのです。

    かまってちゃんの気も済みますし、自分自身にもそれほどストレスがかかりません。どうしても突き放せない人にはおすすめの対処法です。