【超強力】おまじないの言葉まとめ!恋が叶う・幸せになる言葉とは?

  • おまじないの言葉を唱える時の注意点!

    おまじないの言葉を唱える時のポイントだけでは、不十分と言えます。せっかくのおまじないがしっかり実るように、注意点も覚えておきましょう。おまじないの言葉を唱える時に気を付けるべきことを把握しておけば、その分おまじないが叶う確率が上がっていくはずです。

    おまじないを唱える時の注意点を、いくつか挙げていきましょう。

    おまじないは1回につき1つだけ


    おまじないは、欲張らずに1回につき1つだけにしましょう。一度に何個もお願いしてしまうと、1つ1つの願いが軽いものとみなされてしまいます。その分、効果も薄れてしまうのです。1番叶えたい願いに想いを込めるようにしましょう。

    願いが1つに絞れないという場合には、自分が幸せになった時のことをイメージして、何が一番重要なのかを見定めるようにしてください。そうすれば、何を一番に願うべきかが見えてくるはずです。

    悪意やネガティブな思いを込めない


    人の不幸を望んだり、悪意やネガティブな思いを込めないことも、おまじないの言葉を唱える時の注意点になります。負の感情を込めることで、自分の感情をコントロールできなくなり、悪意がそのまま自分に返ってきてしまうことがあるのです。

    誰かが不幸になることで自分が幸せになる、と思いこむことはやめましょう。純粋に自分が幸せになりたいと思えば、悪意やネガティブな感情を持つ必要はなく、良いおまじないでパワーを発揮することができます。

    おまじないを公言しない


    自分の願いを誰かと共有したいと思う人もいるでしょう。しかし、おまじないを行ったら公言しない方がいいと言えます。おまじないというものは、よくも悪くも呪いの一種です。公言してしまうことで、おまじないの精度がガクンと下がってしまいます。

    昔から、おまじないなどの念を込めた儀式は、他人に覗かれてはいけないという暗黙のルールがあります。それだけ神聖であり、自分の想いに穢れを交えてはいけないということなのです。おまじないは、一人で集中して行った方がいいですね。

    後始末をきちんとする


    言葉だけではなく、道具を使っておまじないをする人は、きちんと後片付けもしましょう。ただゴミ箱に入れるのではなく、白い紙に包み、感謝の気持ちを込めて始末します。ゴミ箱に捨てるのではなく、川に流すなどの方法がいいとされています。だからといって、むやみに流して川を汚してしまうようではいけません。

    願いが叶っても叶わなくても、次のおまじないに繋げるために後始末は大切なことです。今回よりも次回に大きな力を発揮したいと思うのであれば、感謝の心を忘れずに後始末をきちんとしましょう。