【超強力】おまじないの言葉まとめ!恋が叶う・幸せになる言葉とは?

  • おまじないの言葉を唱える時のポイント!

    いざおまじないの言葉を唱えようとする時、どんな調子で唱えたらいいんだろう?と悩んだことはありませんか。ただおまじないを唱えるだけではなく、おまじないを唱える時のポイントをしっかりおさえて唱えましょう!

    これからおまじないを唱える人のために、ポイントをご紹介していきます。

    言葉をハッキリと唱える


    おまじないを唱える時には、ハッキリとした言葉で唱えるようにしましょう。心の中で唱えるわけではなく、口に出して願い事をするのですから、もごもごした言葉では叶うものも叶わなくなります。

    おまじないの言葉をハッキリ唱えることで、自分が願っていることに対しての、想いの強さを再認識することもできますよね。再認識することができれば、更に自分の想いを強く込めることができるのです。

    願いを強くイメージする


    言葉を唱える時には、願いを強くイメージするようにしましょう。「幸せになりたい」と願うのであれば、自分が幸せに過ごしている場面を強く思い描くのです。恋を叶えたい人は、恋人と幸せに過ごしている場面ですよね。細かく具体的なイメージの方がいいでしょう。

    願いを強くイメージすることは大切ですが、願いが叶ってもいないのに思い込みばかり強くならないように気をつけてください。イメージを思い描き、それが妄想で終わってしまうようでは、おまじないの効果どころか意味もなくなってしまいます。

    諦めない


    諦めないことも大切です。おまじないが失敗した時、願いが叶わなかった時「やっぱりだめじゃん」と諦めてしまいがちですよね。しかし、おまじないにも相性があり、タイミングがあるのも事実です。

    一度失敗したら次は他のおまじない、というようにいろいろなおまじないを試してみましょう。一つの願いを叶えるまでに、きっと自分と相性のいいおまじないが見つかることでしょう。

    言葉は必ず効くと信じる


    おまじないは、幸せになるため、願いを叶えるために行うものです。必ず効く、願いは叶うと信じて行うようにしてください。願いを込める本人が半信半疑で行うようでは、おまじないも中途半端になってしまいます。そんなおまじないには効果は見られないでしょう。

    必ず効くと信じる力は、そのままおまじなに反映されます。疑う人よりも、心から信じる人の方が力があるということになるのです。幸せになるための願いを込めたおまじないですから、安心して信じる気持ちを持てるといいですね。