【超強力】おまじないの言葉まとめ!恋が叶う・幸せになる言葉とは?

  • 準備も大切!おまじないの前にやるべきこと

    おまじないという響きに、なんとなく子供っぽかったり可愛らしい行いをイメージする人が多いのではないでしょうか。おまじないには簡単なものから複雑なものまであるのですが、おまじないは「お呪ない」ですから、簡単なおまじないであっても、しっかりと準備をしてから取り組むといいですね。

    前もって準備をしておくことで、自分の取り組むおまじないの効果をアップさせることができるのです。おまじないに取り掛かる前に、どんな事前準備が必要なのかご紹介します。

    部屋をきれいに掃除する


    汚い部屋は、おまじないの効果をダウンさせてしまいます。特に水回りが汚れていると、運気の呼び込みによくない影響を及ぼします。ゴミや埃は穢れ(けがれ)を含んでいるので、おまじないをする前には部屋をきれいに掃除をしましょう。ゴミや散らかったものを片付け、「神聖な場所」でのおまじないをオススメします。

    また、部屋をきれいにすることで気持ちが落ち着き、前向きな気持ちでおまじないに取り組むことができますよね。汚い部屋では、気持ちに余裕がなくネガティブな気持ちが湧きやすくなるので、きれいな部屋でのおまじないの方が効果が出やすいと言えます。

    カーテンを閉める


    おまじないをする際には、カーテンを閉めるようにします。おまじないの雰囲気作りではなく、おまじないに取り組む間、外界との繋がりを一度シャットアウトするためです。

    外界との繋がりをシャットアウトすることで、集中力を高めることができます。いろんなことに意識が向いてしまっていては、その分おまじないに込める想いが激減してしまいます。自分が幸せになるために意識を集中させて、効果アップを狙いましょう。

    お風呂に入る


    お風呂に入って身体を清めておくことも大切です。お風呂で清めるというと、なんとなく儀式めいていて、怪しく感じられるかもしれません。ですが、お風呂に入って心身をさっぱりさせるという意味でも、おまじないの前のお風呂は良いとされているのです。

    入浴剤代わりに天然塩を入れて、身体のデトックスをしておくといいようです。耳の裏などの細かな部分も丹念に洗い汚れを落とします。アロマオイルなどを利用して精神をリラックスさせると、落ち着いた気持ちでおまじないに取り組むこともできるでしょう。

    おまじないの道具を清めておく


    道具を用いたおまじないをする時は、その道具を清めておきます。これも、儀式めいた怪しい印象を抱く人もいるかもしれませんが、道具を清めておくことでおまじないの効果を強めることができると思いましょう。

    清めるといっても難しい手法ではなく、良い香りのお香の煙にくぐらせたり、塩をふりかけるなどの手法で十分です。塩は昔も今も清めの意味を持ちますし、良い香りのお香を焚くことで気持ちを和ませることができます。自分に合っている香りであれば尚更いいですね。