【男女別】鼻を触る人の心理とは?頻繁に触る理由&癖の治し方も紹介

無意識に鼻を触る人の心理を考えたことはありますか?実はその心理は、性別や話し相手によっても変わってくるのです。本記事では、鼻を触る人の心理や、鼻を触る癖の改善方法について解説していきます。鼻を触る人の心理が気になる人や、鼻を触る癖を治したい人は、要チェックです!

  • 「鼻を触る」行為には意味があるって本当?

    あなたの周りに、よく鼻を触る人はいませんか?もしくはあなた自身が、気付いたら鼻を触ってしまっているなんてこともあるでしょう。「鼻を触る」行為には、実は隠された意味があるのです。

    自分でも気づいていない心理状態から起こる癖と言うものは、誰にでもあります。それが「鼻を触る」行為の場合、どんな心理が隠されているのでしょうか。鼻を触る心理について、詳しく解説していきます。

    何かを隠したいと思っている


    隠し事をしている人には、鼻を触る癖が見受けられます。隠していることに気付かれたくないという心理から、鼻に触って自分の意識を他に向けようとするのです。自分の意識が他に向けば、相手の注意もそちらにひきつけられると考えているのでしょう。

    鼻を触る行為は、何かに集中する効果があります。隠し事をしたい人は「どうしたら隠し通せるか」という点に集中したいと考えるので、無意識に鼻を触ってしまうのです。ですが、鼻を触りすぎると逆に不自然に思われるので、注意が必要と言えます。

    ストレスを感じている


    鼻に触る時、大なり小なりストレスを感じている人もいるでしょう。人はストレスを和らげようとする時に、意識を他に向けようと手を動かすことがよくあります。イライラした時に無意識に鼻を触ってしまうのも、そういった心理の表れなのです。

    自分なりにストレスを発散できる人よりも、うまく消化しきれない人に、鼻を触るなどの癖が多くみられるようです。ストレスを感じている時に鼻を触ってしまう人は、自分なりのストレス発散法を見つけてみましょう。

    ただの癖だという場合も


    もちろん、何の深い意味もなく、鼻を触ることがただの癖になってしまっている人もいます。最初は何らかの心理を抱えて始まった行為なのでしょう。その心理状態から抜け出してもやめられない人は、習慣づいてしまっていると言えます。

    ただの癖の場合は本当に無意識で、自分自身なんの意図も持っていません。そのため、かえってなかなかやめられない人も多くいます。とはいえ、それほど頻繁ではなくたまに触ってしまうくらいの癖であれば、それがチャームポイントになることもあるのです。