おっぱいを吸いたい男性心理に迫る!胸を吸われる女性の本音とは?

  • おっぱいを吸いたい!吸うための方法とは?

    おっぱいを吸いたくても、なかなか吸えない男性も多いでしょう。最後は男性必見の、おっぱいを吸う方法をいくつかご紹介します。

    彼女をつくる


    とてもシンプルですが、おっぱいを吸いたいならば、彼女を作りセックスをするのが一番よいでしょう。彼女を作りたいけれど出会いがないと嘆いている人は、女性と出会える場所を積極的に訪れてください。出会いがないならば、自ら出会いを求めて行動をしましょう。

    婚活や恋活、街コンや趣味コンなど、出会いのない男女が参加するイベントはたくさんあります。彼女を作るチャンスはいくらでもありますので、積極的に動くといい結果が得られるはずです。

    セフレを見つける


    彼女を作らなくても、セフレを作ればおっぱいを吸えます。もしかしたら彼女を作るよりも、そのような目的で仲良くなるセフレの方が、おっぱいを吸いたいと言いやすいかも。おっぱいを吸いたいけれど彼女はいらないという人は、セフレを検討してはいかがでしょうか。

    ただし、割り切った関係でないと後でトラブルの原因となってしまいますので、セフレを作るときは慎重に行動をしましょう。

    夜のお店へ行く


    金銭的に余裕があるのなら、夜のお店を訪れてはいかがでしょう。夜のお店で働く女性はおっぱいを吸われることに慣れていますし、何よりもおっぱいを吸われることも料金に含まれています。後腐れなくおっぱいを吸いたいならば、夜のお店を利用するのもありでしょう。

    女性に慣れていないという人は、まずはプロの女性がいる場所で練習をすることから始めてみてもいいでしょう。

    男を磨く


    女性とセックスをするためには、とにかく魅力的な男性になる必要があります。夜のお店に行くならば別ですが、彼女やセフレを作りたいのであれば、自分磨きを怠らないようにしましょう。可能であれば、身だしなみを整えるだけではなく、最新のファッションを取り入れおしゃれな男性になるのがおすすめです。

    おっぱいを吸わせてほしいと頼む


    仲のよい女性がいるのであれば「おっぱいを吸わせてほしい」と頼んでみましょう。とてもリスクの高い方法ですが、受け入れてもらえる可能性はゼロではありません。ただし、一歩間違えれば関係が崩れてしまいますので、頼むときはリスクを覚悟した上で慎重に行いましょう。

    また、おっぱいを吸わせてもらってなし崩しにセックスをすると、後で面倒なトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、その辺りは十分に注意しましょう。