男女の「イキそう」な瞬間のサインとは?イキそうな時の我慢方法も

  • イキそうでイケない!なかなかイケない女性の対処法

    女性の中には、イキたいけれどイケないと悩みを抱えている人もいます。男性とは違い、女性のイク感覚はわかりづらく、イッたことがない人も珍しくありません。

    そこで、イキそうなのにイケない女性のために対処法をいくつか紹介します。イキたい女性必見です!

    体をリラックスさせる


    イクときに大切なのがリラックスするということです。リラックス状態じゃないと快感に身を委ねることができず、常に緊張状態が続いてイクのが難しくなります。

    経験が浅い場合はリラックスよりも緊張感が勝ってしまうかもしれませんが、イキたいならば気持ちを落ち着かせることを意識してみましょう。

    必要であればアロマオイルなどを焚きながらエッチをしてみるのもおすすめ。ムードづくりにもなり、気持ちもリラックスしやすくなるため、イキやすくなります。

    自分の気持ちいい場所を知る


    そもそも自分の気持ちいい場所を知っていないと、イクのは難しくなってしまいます。イキやすい場所、気持ちがいい場所は人それぞれ違っていて、自分にぴったりの場所を知っておく必要があります。

    そこでおすすめしたいのが、自分の体を実際に触ってみるということです。性器や胸など、性感帯を中心にくまなく触っていき、どこか一番敏感なのかを確かめてみてください。

    気持ちいい場所がわかったら、エッチのときに男性に触ってもらいましょう。男性も女性をイカせたいと考えている人が多いため、一生懸命触ってくれるはずです。

    イキそうなときは羞恥心を捨てる


    多いのがイキそうな瞬間に、つい気持ちをセーブしてしまう女性です。イク感覚は人それぞれ異なりますが、中にはイクのが怖いと感じる人もいます。また、恥ずかしい気持ちが先行してしまい、快感に素直になれない人もいます。

    イクためには、快感や自分の気持ちに素直になることが大切です。心の中でセーブしてしまうと心からエッチを楽しめず、男性とも温度差が生まれがちになります。

    大半の男性は快感に正直な女性に興奮してくれるため、イキそうになったら思いきって羞恥心を捨ててみましょう。一度捨ててみると、男性との距離が縮まった気がして、身も心も気持ちよくなれるはずです。

    イキそうなときに気持ちいい部分を彼に教える


    もし自分の気持ちがいい部分を知っているならば、男性にそれを教えてあげましょう。相手が恋人や夫でも、あなたの体のことはあなたにしかわかりません。教えてあげないと、いつまでも男性側は間違った攻め方をしてしまうことになります。

    そんなすれ違いを生まないためにも、どこが気持ちいいのか素直に伝えてあげましょう。羞恥心を捨てる必要がありますが、素直に教えてあげたほうが、男性は喜んでくれるはずです。

    イケそうな場所や愛撫の仕方などを男性と試行錯誤しながら探していき、快感のその先を見ていきましょう。