男女の「イキそう」な瞬間のサインとは?イキそうな時の我慢方法も

  • 男性を興奮させる「イキそう」への返事5選

    続いては、女性必見の男性を興奮させる「イキそう」への返事について注目をしていきます。男性が「イキそう」と伝えてきたとき、あなたはどんな反応をしていますか?反応の仕方によっては、さらに男性を興奮させられるのです。

    よりエッチを盛り上げるためのテクニックでもあるため、気になる人は積極的に試していきましょう。

    「いいよ、きて」


    「イキそうって言われて『きて』って答えたら、彼氏がすごい興奮していつもよりエッチが長くなった」(27歳/女性/介護職)
    「イキそうな時に『きて!』って言われると、やばいくらい興奮する」(30歳/男性/会社員)

    「イキそう」という言葉に対し、「いいよ」や「きて」とハッキリ返事をすることで、男性はより興奮しやすくなるようです。これらの言葉はエッチに対して積極性がある印象を与えるため、男性は「求められている」という気持ちになっていくのです。

    日本の女性は、エッチに対してあまり積極的になれない人が大半。そのため、積極的に自分を受け入れようとしてくれることに普段との強いギャップを感じ、興奮度が高まっていくのです。

    男性の名前を呼ぶ


    「イキそうな時に名前を呼ばれると、求められている感じがしてたまらない」(26歳/男性/営業職)
    「彼氏がイキそうな時に名前を呼ぶと、いつもぎゅっとした状態でイッてくれる」(24歳/女性/会社員)

    イキそうな時に名前を呼ばれて喜ぶ男性は少なくありません。男性は頼られたり求められたりすると嬉しい気持ちになりやすく、エッチの際にも名前を呼ばれればテンションが上がってしまうのです。

    特に男性がイキそうなタイミングは、女性もイキそうな場合がほとんど。強く本能的に求められている感じがして、女性への愛おしさが増していくのです。

    「私もイキそう」


    「エッチは一緒にイキたいから、『私もイキそう』って言われると嬉しい気持ちになる」(29歳/男性/サービス業)
    「彼氏がイキそうな時に『私も』って言うと、行為がさらに激しくなって気持ちいい」(30歳/女性/美容関係)

    男性の多くは女性をイカせたいと思っています。そのため、自分がイキそうな時に女性から「私もイキそう」と言われるだけで、達成感や優越感に包まれ、より興奮しやすくなるのです。

    また、自分がイキそうなタイミングは、興奮度がすでに最高潮に達している状態です。女性のこの反応が興奮に拍車をかけることになるため、男性は本能をむき出しにしてエッチを楽しみだします。男性の本気モードに女性も気持ちよくなりやすく、最高の瞬間を共に迎えられるのです。

    「一緒にイキたい」


    「『一緒にイキたい』と言ってきた彼女がいつも以上に可愛くて、好きな気持ちでいっぱいになった」(33歳/男性/美容師)
    「イキそうって言葉に『一緒にイキたい』って応えたら、気持ちいい場所をたくさん攻めてくれた」(25歳/女性/営業職)

    一緒にイキたいと考えている男女は多くいます。そのため、男性の「イキそう」という言葉に「一緒にイキたい」と伝えると、お互いに幸せな気持ちになり、心身ともに満たされた気分になれるでしょう。

    また、「一緒に」という言葉に愛おしさを感じる男性も少なくありません。彼女の必死に自分を求める姿を見て、もっと気持ちよくしてあげたいという気持ちになっていきます。

    必死に頷く


    「イキそうって言葉に必死に頷いてる姿が可愛いすぎてときめいた」(34歳/男性/自営業)
    「余裕がなくて彼氏のイキそうって言葉に必死に頷いていたら、抱きしめてくれて幸せな気持ちになった」(32歳/女性/会社員)

    「イキそう」という言葉に対して、快感に耐えながら必死に応えようとする女性に、ほとんど男性は心を打たれるようです。可愛さを感じたり、愛おしさを感じたりして、胸のときめきが止まらなくなってしまうのです。

    快感に溺れる女性の姿に弱い男性は少なくありません。そんな状態の女性が自分に必死に応えようとする姿には、思わずゾクゾクしてしまうほどの甘い魅力があります。