男女の「イキそう」な瞬間のサインとは?イキそうな時の我慢方法も

男女によって「イキそう」なタイミングや感覚は異なるもの。よりエッチを楽しむためには、お互いのイキそうな瞬間を知って、興奮度を高めていくことが大切です。そこで今回は、イキそうな瞬間のサインに注目。あわせて男性のイキそうな時の我慢方法も紹介していきます。

  • 「イキそうな瞬間」男女それぞれのサインとは?

    エッチの最高潮でもあるイク瞬間。人によってイクときの感覚はそれぞれだと言われていますが、そもそも男性と女性とでは大きく感覚が異なっています。

    よりエッチを楽しむためには、男女のイキそうな瞬間のサインや特徴を知っておくのがおすすめです。そこでまずは、イキそうな瞬間のサインを男女別に簡単に解説していきます。

    表情や声が変化する


    男女ともに、イキそうな瞬間は表情や声が変わる人が大半です。女性の場合は声のトーンが上がったり、顔がよりとろけた表情になったりするため、特にわかりやすいと言えるでしょう。

    男性の場合は、余裕がないところを見せたくないというプライドから、あまり声や表情に出ないように意識している人も珍しくありません。しかし、それでも必死さや険しさが表情に表れるため、まったくサインがない人はごく少数だと言えるでしょう。

    体の反応からわかることも


    イキそうな瞬間は、表情や声以外からもわかるときがあります。特に体の反応は意思に反して出てしまうため、プライドや意地のようなものでは隠せません。

    男女ともに、イキそうな瞬間は体がより熱くなる人が多いです。また、女性の場合は敏感に反応しやすく、オーガズムに達する道のりを着実に歩んでいる様子が見られます。

    男性の場合は女性ほどわかりやすくはないものの、呼吸が荒くなり、全体的に体が力んだ状態になることが多いでしょう。
  • イキそうな瞬間に出すサイン《男性編》

    より具体的にイキそうなタイミングを知るために、まずは男性がイキそうな瞬間に出すサインについて見ていきましょう。

    男性がイキそうなときのサインは女性ほどわかりやすくはないものの、特徴さえ知っていれば女性でも気づくことが出来ます。

    イキそうなとき男性はどんな状態になるのか、早速注目していきましょう。

    「イキそう」と言う


    イキそうなとき、シンプルに「イキそう」と言ってくれる男性もいます。非常にわかりやすく、ストレートな言い方のため、思わず興奮してしまう女性もいるでしょう。このときの「イキそう」や「イク」という言葉は、無意識に近い状態で出ているため、かなりギリギリの状態を表しているとも言えます。

    もし他のイキそうなサインや興奮している瞬間を知りたいならば、この言葉が出た時の表情や仕草、体の状態に注目してみるとヒントが得られるので、チェックしてみましょう。

    顔に力が入る


    大半の男性はイキそうなときやイク瞬間は、顔をこわばらせています。必死な状態で射精をしているため、どうしても顔に力が入ってしまうのです。

    男性によって力の入り方が異なるため、目をつむるように力を入れる人もいれば、歯を食いしばって絶頂を迎える人もいます。

    人によって特徴が異なる部分でもあるため、自分の彼氏や夫はどんな表情で達しているのか観察してみると良いでしょう。

    呼吸が荒くなる


    イキそうな瞬間というのは、心拍数が上がり、体が興奮状態になっています。そのため、呼吸が荒くなっており、心臓もバクバクと脈打っているのがわかります。

    体位によっては呼吸の荒さや心臓の音などはわかりづらいため、どんな状態なのか知りたいならば、密着した体位をおねだりしてみると良いでしょう。

    密着状態ならば、呼吸の荒さ、心臓の音などもダイレクトに伝わってきて、自分自身もより興奮すること間違いなし。ぜひ試してみてください。

    腰の動きが遅くなる


    男性にもよりますが、イキそうな瞬間、ほとんどの男性は腰の動きを緩めています。これはイクのを我慢している状態で、より興奮してからイキたいと考えている心理状態だと言えるでしょう。

    男性の大半は、出来るだけ長く挿入していたいと考えています。これは、「早く達してしまうと男として情けない」という心理からきているものでしょう。また「もっと快感に浸っていたい」という気持ちから、イクのを我慢しているケースもあります。