男女の「イキそう」な瞬間のサインとは?イキそうな時の我慢方法も

男女によって「イキそう」なタイミングや感覚は異なるもの。よりエッチを楽しむためには、お互いのイキそうな瞬間を知って、興奮度を高めていくことが大切です。そこで今回は、イキそうな瞬間のサインに注目。あわせて男性のイキそうな時の我慢方法も紹介していきます。

  • 「イキそうな瞬間」男女それぞれのサインとは?

    エッチの最高潮でもあるイク瞬間。人によってイクときの感覚はそれぞれだと言われていますが、そもそも男性と女性とでは大きく感覚が異なっています。

    よりエッチを楽しむためには、男女のイキそうな瞬間のサインや特徴を知っておくのがおすすめです。そこでまずは、イキそうな瞬間のサインを男女別に簡単に解説していきます。

    表情や声が変化する


    男女ともに、イキそうな瞬間は表情や声が変わる人が大半です。女性の場合は声のトーンが上がったり、顔がよりとろけた表情になったりするため、特にわかりやすいと言えるでしょう。

    男性の場合は、余裕がないところを見せたくないというプライドから、あまり声や表情に出ないように意識している人も珍しくありません。しかし、それでも必死さや険しさが表情に表れるため、まったくサインがない人はごく少数だと言えるでしょう。

    体の反応からわかることも


    イキそうな瞬間は、表情や声以外からもわかるときがあります。特に体の反応は意思に反して出てしまうため、プライドや意地のようなものでは隠せません。

    男女ともに、イキそうな瞬間は体がより熱くなる人が多いです。また、女性の場合は敏感に反応しやすく、オーガズムに達する道のりを着実に歩んでいる様子が見られます。

    男性の場合は女性ほどわかりやすくはないものの、呼吸が荒くなり、全体的に体が力んだ状態になることが多いでしょう。