「初めてのフェラ」基本のやり方とポイント!男女の体験談もご紹介

  • 「初めてのフェラ」女性の本音と感想

    初めてのフェラがなんとなくわかったところで、実際に経験した彼女たちの本音や感想を見ていきましょう。実際に経験した者でないと、わからないことがたくさんあります。彼女たちの体験談を、自分なりの心と身体の準備に役立ててくださいね。

    変な臭いや味がした


    「私が初めてフェラをしたときに感じたのは、『臭い』と『まずい』でした。だからあのときは、早く止めたい!と思っていました。でも、慣れてくるとなにも感じなくなってくるから不思議ですね。今となっては良い思い出です」(27歳/女性/コールセンター勤務)

    初めてのフェラでは、咥えたときの臭いや味に違和感を持つ女性は多いようです。初めてのことですから、何かと気になるところがあるのは仕方ありません。でも、彼氏の臭いや味にはなんとなく慣れていくので、特に心配しなくても大丈夫です。どうしてもだめなら次からローションを使うなど、彼氏に相談してみましょう。

    顎が疲れた


    「初めてフェラしたときに感じたのは、顎が疲れた…ということ。あんなに長い時間、口を開けていることがないから辛かったですね。彼氏のペニスに刺激を与えるのに頭もスライドさせるから、いろんなところが痛くなっていました」(25歳/女性/医療事務)

    彼氏のためならなんでも頑張ってしまうから、筋肉痛がいろんなところに出ることもあります。そしてフェラの場合は、長時間口を開けてペニスに歯を当てないように気を遣うので、顎に負担がいくようです。経験を重ねていくうちに、顎への負担も減らせるようになりますよ。

    初めてでも彼に喜んでもらえて嬉しかった


    「初めてのエッチ、初めてのフェラで、あの日は緊張していました。何が何だかわからないうちにフェラが終わりましたけど、彼がめちゃくちゃ喜んでくれたので嬉しかったです。私の場合はそれが嬉しかったので、フェラは一番の得意技になりました」(26歳/女性/事務職)

    やっぱりどんなことでも、大好きな彼氏に喜んでもらえたら嬉しいですよね。それは初めてのフェラも同じ。こちらの女性は、彼氏に褒めてもらえたことで、フェラが一番の得意技になったのだとか。とても微笑ましいエピソードですね。

    初めてのフェラで大人になった気がした


    「高校生のときに初めてのフェラを済ませんですが、細かいことはあまり覚えていません。でも、大人の女になれたという実感はありました。今考えると子供っぽいけど、今の私がフェラ好きなのは、あのときの実感があったからだと思っています」(22歳/女性/介護職)

    初体験を早く済ませる人は、男女とも「早く大人になりたい」という気持ちがあります。中にはエッチのついでのフェラではなく、服を着たままで初めてのフェラを済ませることもあります。そんな女性たちは、「大人の女になれた!」という喜びを初めてのフェラで噛みしめているのです。