セックスの消費カロリーはどれくらい?前戯・体位別にカロリーを解説

  • 消費カロリーをUPさせる!効果的なセックスの方法

    セックス中にマグロになっていては、やる気も消費カロリーもダウンしてしまいます。せっかくならプレイを楽しみながら、効率よくカロリーを消費したいですよね。

    ここからは、消費カロリーアップに効果的なセックスの方法をご紹介します!

    マッサージをする


    セックスを行う前に、準備運動のようにマッサージを行うことで、カロリー消費のアップにつながります。

    マッサージをされると気持ちはいいですが、カロリー消費の実感はあまり無いでしょう。しかし、マッサージをすることで筋肉がほぐれ、心拍数も上がるので、セックス中でのカロリー消費量のアップへと繋がるのです。

    マッサージによるスキンシップで、リラックスしてセックスが行えるというメリットもありますよ。

    女性が動く体位


    男女でのセックスは、男性側が主体となって動くことが多いですが、女性側も意識して動くことを心がければ、消費カロリーもアップします。

    もっとも消費カロリーが期待できる体位は、やはり騎乗位。女性がどんどん動いて、男性を喜ばせながらカロリーもどんどん消費していきましょう。

    他の体位でも、積極的に腰を動かしてプレイを楽しみながらシェイプアップできるといいですね。

    あえぎ声を出す


    声を出すだけでも、意外とカロリーは消費されます。カラオケの機械でも、消費カロリーが表示されるものがあったりしますよね。

    セックス中にあえぎ声を出すだけで、18キロカロリーから30キロカロリー消費されるとも言われています。あえぎ声を出すのが恥ずかしいという人は、大きく息を吸ったり吐いたりするだけでも効果があるのだとか。

    無理に大きな声を出さなくても、荒い呼吸や吐息に混じって思わずこぼれ出る声というのも、男性はドキッとしてしまうはずです。セクシーなあえぎ声を出しながら、どんどんカロリーを消費させましょう!

    イチャイチャする


    セックスをしなくても、恋人とイチャイチャするだけでもカロリーは消費されるのです。好きな相手といることで心拍数や体温が上がり、代謝も良くなることが考えられます。

    30分間イチャイチャするだけでも、およそ250キロカロリーの消費が期待できるので、セックスの前後にイチャイチャするというのもおすすめ。少し暖かい部屋でイチャイチャすれば汗もかきやすく、より効果的にカロリーを消費することが可能です。

    オーガズムに達する


    せっかくセックスをするなら、イキたいと考える人も多いはず。オーガズムに達するのは、消費カロリーの観点から見ても効果的です。

    セックスで絶頂を迎えた時の消費カロリーは、およそ100キロカロリーと言われています。オーガズムに達するとどっと疲れてしまうのは、それだけカロリーを消費しているということです。

    気持ちよくイキ果てることができると、達成感と満足感を得られますよね。快楽を感じながらカロリーを消費できるのは、セックスならではのメリットだと言えるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)