セックスの消費カロリーはどれくらい?前戯・体位別にカロリーを解説

痩せたいけど、ダイエットは食事制限や運動で辛いと思っているあなた!セックスがダイエットにも効果的なのをご存知ですか?セックスの前戯・体位別の消費カロリーや、消費カロリーアップに効果的なセックスの方法を詳しく解説します。エッチしながらキレイを目指しましょう!

  • セックスでカロリーが消費できるって本当?

    ダイエットや健康管理をする上で、無視できないのがカロリーの過剰摂取。カロリーを消費するには、その後の食事量を減らしたり、激しい運動をしたりと、辛いイメージがありますよね。

    しかし、実はセックスをするだけでもカロリーは消費できるのです。大好きな人と愛を深めながら、カロリー消費もできるなんて一石二鳥ですよね!

    今回は、セックスで消費されるカロリーについて詳しく迫っていきます。

    セックスは有酸素運動


    セックスをしている時って、胸がドキドキして、呼吸も荒くなりますよね。セックスはスポーツだなんて言う人もいますが、まさに有酸素運動なのです。

    有酸素運動というと、ウォーキングやジョギングなどのイメージがありますが、酸素を取り込みながらゆっくりと長時間継続して行う運動を指すので、大きく呼吸をしながら汗をかくセックスも、立派な有酸素運動であると言えるでしょう。

    男女で消費カロリーが違う


    男女でセックスを行っても、2人の消費カロリーは同じというわけではありません。体格の差もありますし、一般的にセックス中は男性が主体で動くので、必然的に男性の方が消費カロリーは多くなるのです。

    1回30分のセックスの場合、男性はおよそ110キロカロリー、女性はおよそ70キロカロリーと言われています。これは、30分間ジョギングを行った時の半分くらいの消費カロリーです。

    ジョギングの半分の消費カロリーにしかならないと思うと少しガッカリするかもしれませんが、辛いジョギングを続けるより、愛し合いながら気持ちよくカロリーが消費される方が、楽しく行えるような気がしませんか?

    ダイエットや美容効果も


    セックスを行うことでカロリーを消費できるということは、ダイエットになるということですよね。また、セックス中には恋愛ホルモンが多く分泌されるので、美容効果も期待できるのだとか。

    セックスで愛を深め合いながらキレイになれるというのは、女性にとっては魅力的ですよね。良いムードの中でのエッチは、お互いに幸せな気持ちにもなれるはずです。

    日常生活で消費されるカロリーは?


    日常生活の中でもカロリーは消費されています。例えば、デスクワークを30分間行った場合は、男性はおよそ27キロカロリー、女性はおよそ22キロカロリー消費されるそうです。

    30分間電車で立っていると、男性はおよそ34キロカロリー、女性はおよそ27キロカロリーの消費とのこと。階段の上り下りを30分間行うと、男性はおよそ84キロカロリー、女性はおよそ69キロカロリー消費されます。

    ちなみに、茶碗に半分程度のご飯がおよそ100キロカロリーに値するのだとか。日常生活の動作でカロリーを消費しようとすると、なかなか苦労しますね。
  • 男女のセックス消費カロリー《前戯編》

    それでは、実際に男女でセックスを行うことにより、どのくらいのカロリーを消費できるのか、詳しく迫ってみましょう。

    一口にセックスと言っても、過程やプレイ内容によって運動量が違ってきます。まずは、前戯での消費カロリーを見ていきましょう!

    キス


    恋人との愛情表現に欠かせないキス。セックスを行う前に気分を高めるためにも、キスは大切な役割を持っています。

    チュッと軽く行うキスの場合でも、17キロカロリーほど消費され、濃厚なディープキスだと65キロカロリーの消費が期待できるのだとか。

    カロリー消費のためには、キスもたくさんした方がいいようですね!

    服を脱がせる


    セックスの前に服を脱いだり脱がせたりする行為も、カロリー消費に繋がります。相手の服を脱がせるだけでも、だいたい8から10キロカロリーの消費に。ちょっと趣向を凝らして、男性が口でブラジャーを剥ぎ取るなどした場合は、80キロカロリーほど消費することも。

    服を脱がせる行為というのもセックス中の楽しみのひとつと考え、少し時間をかけて焦らしてみるのもいいでしょう。

    オーラルセックス


    セックス前のオーラルセックスでも、もちろんカロリーは消費されます。フェラチオをすると、だいたい30キロカロリーほど消費されるのだとか。丁寧に行うことで、消費カロリーのアップにも繋がりますよ。

    男性の上に乗り、腕立て伏せをしながらフェラチオをすると、70キロカロリー以上の消費も期待できます。

    手コキ


    彼氏を手でイカせる手コキも、カロリー消費になります。手はゆっくりと、大きく上下に動かしましょう。スピードや強弱を変えると、彼の気持ち良さもアップする上にカロリーも消費できます。

    動かし方にもよりますが、1時間行うと100キロカロリーもの消費になるのだとか。彼氏が果てるか、彼女の手が疲れるか、持久力が試されそうですね。

    ハグ


    恋人の愛情とぬくもりを感じられるハグ。残念ながら抱きしめるという行為だけでは、あまりカロリーの消費にはならないようです。

    しかし、ハグをすると、ストレスが軽減したり、食欲抑制の効果があるホルモンが大量に分泌されるというメリットがあります。ホルモンについては後ほど詳しく見ていきましょう。

    セックスの前にハグをすることで、緊張をほぐしたり、愛情を深めたりすることにも繋がるので、積極的に行うことがおすすめです。

    オナニー


    オナニーをするというのも、カロリーを消費します。消費カロリーは男女で多少差があり、1時間行った場合、女性はおよそ120から160キロカロリー、男性はおよそ150から220キロカロリー消費されるとのこと。

    パートナーがいない時には1人でしてみたり、セックスの前にお互いに見せ合うなどしても盛り上がりそうですね。