美人はナンパされない?ナンパされやすい&されにくい女性の特徴とは

  • ナンパされやすい女性の特徴とは?《後編》

    ここまでを読んで、「ナンパのターゲットになるのは美人だけではない」ということがおわかり頂けたかと思います。そして、ナンパされやすい女性の特徴はまだあるのです。続いては、ナンパされやすい女性の特徴・後編をお伝えしていきます。

    店員にも愛想が良い


    街中で買い物などをしているときに、店員さんにも愛想よく受け応えをしている感じの良い女性を見かけることがありませんか?そういった感じの良い女性も、ナンパのターゲットにされがちです。

    人に対して愛想よく振る舞っていると、「サービス精神が旺盛」という印象を与えます。ナンパ男はそのサービス精神につけこんで、ナンパを成功させようとしてくるのです。

    周囲の人ににこやかに接するのは素晴らしいですが、ナンパ男に付け回されて不快な場合は、にこやかに対応する必要はありません。ナンパ男のことは心配せず、毅然とした態度でスルーしていきましょう。

    美人過ぎない容姿


    すごく美人な女性は、あちこちでナンパされそうなイメージがありますよね。でも実際のところ、美人過ぎる女性はそれほど多くの男性に声をかけられません。すごく美人な女性は、「冷たく見える」「断られそうだ」などという理由で、ナンパ男に敬遠されがちなのです。

    男性が声をかけるのは、「ちょっと美人」な女性です。容姿がちょっと美人でよくナンパされるけど、それが不快だという場合は、派手な服や主張が強い服を着てみるのがおすすめ。「なんだか一癖ありそうだ」と思われることで、ナンパ男が寄ってこなくなりますよ。

    いい人そうな見た目


    いい人そうな見た目の女性も、よくナンパされます。「話を聞いてくれそう」「返事してくれそう」という理由で、ナンパ男に声をかける気力を与えてしまうからです。

    また、いい人そうな見た目の女性は、道を聞かれることも多いもの。しかし、ナンパ男に対して、道を聞かれたときと同じテンションで対応すると、「ナンパOKのサインだ」と勘違いされてしまうこともあるので注意が必要です。

    いい人に見えるのは素敵なことですが、つけ込まれやすい一面もあることを自覚して、多少警戒心を持つことも大切です。そうすれば、変な男にナンパされにくくなるでしょう。

    服装の一部がだらしない


    一見すごくおしゃれに見えるのに、靴がすごく汚い、バッグの口が開いているなど、どこかだらしない印象を与える女性もナンパされやすい傾向があります。どこかに隙がある女性は、男性に声をかける余地を与えやすいのです。

    ちょっと油断しがちな女性で、ナンパ男に声をかけられるのが不快な場合は、靴やバッグなどの小物類もきちんとしておいた方が良いでしょう。

    酔っぱらっている


    夜半や終電間近の時間帯は、酔っぱらっている女性もナンパ男に目をつけられます。普段なら断るナンパも、アルコールで気が大きくなって受け入れてしまう女性が多いからです。

    お酒に酔ったフラフラの状態で女性が夜の繁華街を歩くのは、ナンパしてくれと言っているようなもの。うかつにナンパに乗ってしまわないよう、酔っぱらっているときは男性を含めた集団での移動がおすすめです。